サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕が不動産投資をやっているのは、インフレ・ヘッジのためでもある。

大量に刷られた紙幣があるレベルを超えたとき、インフレが起こる。

国債が暴落し、金利が上昇する。

 

インフレになり、現金の価値が下がると、『不動産』がノアの箱舟になると言われているよ。

だから僕は不動産の世界でがんばっている。

 

超円安になれば外国人投資家が日本の不動産を買い漁るだろう。

いざ!となったら、彼らに不動産を売却して難を逃れることもできる。

 

そのとき「売れる物件」と「売れ残る物件」に分けられるよね。

売れる物件はおそらくパフォーマンスの良い物件だろう。

要するに、利回りが高くて、その物件のオーナーにきちんとキャッシュフローをもたらしてくれるような物件ね。

 

そうじゃない物件はデフレだろうが、インフレだろうが、売れ残る。

不動産投資をやる人はそういうことを見越して物件選びをした方がいいよ。

 

言うまでもないことだけど、『現金』は最もインフレに弱い資産だよ。

もしもインフレになったら、

 

 

3000万円を銀行に預金している人の3000万円はどうなるのか?

 

3000万円を銀行から借金している人の3000万円はどうなるのか?

 

 

このことを今のうちに考えておいたほうがいいと思う。

 

おもしろいことに世間一般的には『預金』は安全で、『借金』はキケンだと思われているんだ。

もちろんギャンブルとか、ガラクタを買うための借金はダメだよ。

だけど、ビジネスのための借金(自分を豊かにするための借金)だったら僕はいいと思ってるよ。

 

このままお金を印刷しまくると、どこかの時点で臨界点に達するよ。

赤字国債が「国民の金融資産1400兆円」のラインに達する。

 

インフレになると物価が上がり、税金も上がる。

デフレ期に成功した投資はインフレ期には成功しづらい。

だからほとんどの人は現金に交換するために金融資産を売りまくる。

 

投資をやる人は未来を予想したがるよね。

だけど未来ばかり見てると、「このまま株価が右肩上がりで上昇してゆくのではないか」「円やドルの価値はもっと高まるのではないか」と考えるようになるんだ。

 

大切なことは『過去を振り返り、過去から学ぶこと』だと思う。

今のような現象は過去に何回も起きているのだから。