サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

分散投資は「これから資産を増やしていきたい」と考えている攻めの姿勢の人にとっては有効な投資法ではない。

分散投資はお金持ちにとっては資産を守る有効な手段だよ。

だけどもしも『お金を殖やしたい・お金を儲けたい』と思っているのなら、分散投資はあまり効果を発揮してくれない投資スタイルかもしれない。

 

お金持ちは自分が現在保有している資産が目減りすることを何よりも恐れている。

 

ご存知のとおり、経済はデフレになったり、インフレになったりする。

もしもインフレになってきたら、いくら現金をたくさん持っていてもダメ。

だって、インフレになるってことはその通貨の価値が下がるってことだからね。

 

お金持ちはそのことを知っているから、たとえナン十億円のキャッシュを持っていたとしても、それをただ単に銀行の預金口座のなかで眠らせておくようなマネはしないんだ。

かならず分散投資をして自分の資産を守ろうとする。

 

だけど、僕らみたいな普通の一般人がそういうナン十億円クラスのお金持ちと同じような運用手段を用いてうまくいくと思う?

元手な額が全然違うんだよ。

スケールがまったく違うんだよ。

 

はっきり言って、分散ばかりしていたらいつまで経ってもお金は殖えていかないよ!

 

持っているお金を「守りたい(損したくない)」と考えているのか、「殖やしたい(リスクを背負っても勝負したい)」と考えているのか。

まずは自分が今、どのレベルにいるのかをしっかりと考えてみたほうがいいと思う。

 

僕は若い頃はひと勝負すべきだと思うけどね。

サッカーでも「ここが攻め時だ!」って時があるよね。

そういう時ってフォワードの選手を投入する。

 

マラソンでもどっかでスパートをかけないと勝てないでしょ?

投資もそれに似てるよ。

 

分散投資はサッカーでいうところのディフェンスを重視した投資法だよ。

「点を入れられないようにする」というときには有効。

 

だからお金持ちは分散投資をやって自分の資産を守っているんだ。

だけど、僕らはそうじゃないんじゃない?

点を取りに行かないと、いつまで経っても問題は解決しないんじゃない?

 

僕の場合は『不動産投資』というものに集中投資をした。

最近は余裕が出てきたんで、余ったお金を株式に投資したりしてるけど、僕は不動産投資に集中することによってある程度のところまで来ることができたと思っているよ。

 

もしもあのとき、「リスクヘッジのために不動産以外のところにもお金をまわしておいたほうがいいんじゃないか」とか言って、自己資金を株式市場なんかに入れていたら、きっと不動産投資のほうもうまくいかなかったと思う。

 

ところが、おもしろいことに今、世間では分散投資をすれば儲かるかのような言い方がなされている。

分散投資は守りには有効かもしれないけれど、攻めにはあまり効果がないんだけどね・・・