サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

何も行動しないということは、『それだけ機会も損失している』ということでもあるんだよね。

投資にはリスクが伴うよね。

僕の主戦場は不動産投資だけど、銀行から多額の借入をしたりして、僕も巨大なリスクを背負ってるよ。

 

同級生なんかと話をすると、僕の借金の額を聞いて目ん玉を丸くして驚く。

「とてもじゃないけど、自分にはそんな額の借金を背負うなんて無理だ・・・」という顔をする。

 

それはそれでいいと思う。

人それぞれ生き方が違うんだから。

 

だけど、これだけはおぼえておいてほしい。

そうやってリスクを背負うことを嫌い、何も行動しないままでいると、人生が固定化されてしまうんだ。

 

要するに、自分が抱えている問題は何ひとつ解決されないまま、今日も昨日と同じ人生を生きることになるということ。

 

だから彼らは今日も満員電車でイヤな思いをしたり、ノルマが達成できなくてイライラしたり、社会の醜悪な人間関係に悩んでうつになりかけていたりする・・・

 

僕の言ってることわかるかな?

三振するリスクを背負ってバッターボックスに立たなければ、ホームランを打てないってこと。

 

僕は真のリスクというのは、『行動をしない』ということだと思ってるよ。

ダイエットの本を読んだだけで痩せることはできないんだ。

行動しないということはリターンも得られないんだ。

 

何も行動しないということは、「それだけ機会も損失している」ということなんだよね。

 

たとえば投資を早くはじめて、1年間に200万円の利益が得られたら、2年で400万円、5年で1000万円だよね。

「投資は危険だ」と言って行動しない人や、遅く始めた人はそれだけ利益を得る機会を喪失していることになる。

 

5年遅く始めた人は1000万円というお金を失っているんだ。

1,000万円って結構な額だよ!

給与から1,000万円を貯金するのは大変だよ・・・

 

もちろん、今のたとえの前提となっているのは、「1年間に200万円の利益が得られるもの」を自分がやった場合の話。

この低金利・低成長、株高・不動産価格の高騰時に高い利回りのものを見つけられるかどうかはわからないということだけは先に言っておきます。

 

僕がやっている不動産投資でいうと、しっかりインカムゲインが得られる物件なんだったら早く始めるに越したことはないよ。

 

「自己資金を1,000万円貯めてから・・・」とかって言ってるあいだにキャッシュフローをもたらしてくれるいい物件をゲットするチャンスはどんどん失われてゆく。

 

ただし、キャピタルロスを起こすような物件に手を出したらダメよ!

 

成功の秘訣は家柄でも学歴でもない。

誰よりも早く始めることだ。

 

モタモタしてるとチャンスってどんどん逃げてゆくよ。

 

僕がサラリーマンだった頃、株価はこんなに高くはなかったよ。

だけど中間層に対する負担は今よりも軽かった。

 

どうやら世界は最近変わってしまったようだ。

変わったのなら変わったでそれに対応し、順応していかなければならない。

 

繁栄に酔いしれてる場合じゃないと僕の目には映るんだけどな

 

どんな投資をするかも深刻な悩みだ。

でももっと深刻なのは世の中がこれだけ変わり、税金や社会保険料の負担がますます増加し、もう会社にも政府にも頼れない時代がやってきたというのに何の準備もしていない人が星の数ほどいるということ。

 

「投資は危険だ」なんて言ってる場合じゃないのにね。