サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『バートン・フィンク』を観て思ったこと

 

バートン・フィンク [Blu-ray]

バートン・フィンク [Blu-ray]

 
バートン・フィンク (字幕版)
 

 

 

コーエン兄弟の中で最も好きなのがコレ。

書けないスランプに陥った作家が宿泊した奇妙なホテルで次から次へと奇怪な出来事に遭遇し、次第に狂ってゆく様子を描いてゆく。

 

そう聞くとホラーのように思えるかもしれないが、コミカル要素もふんだんに盛り込んでいる。

 

とにかくどこまでが現実で、どこまでが幻想なのかだんだんわからなくて混乱してくる。

もしかしたらすべてが主人公バートン・フィンクの妄想なのかも・・・

 

隣の部屋のジョン・グッドマン演じる奇怪な人物はいったい何者なのか? 

そもそもこの変なホテルは何なのか? 

謎だらけの映画でおもしろいよ!

 

話の内容や時代背景などがよくわからなくても「なんか気になる」と目が離せなく作品だと思う。

とにかく奇妙で、不気味で、謎だらけの映画。

 

果たしてこれはシリアスな映画なのか、それともコメディなのか。

観る者を混乱の渦に巻き込む。

 

堂々のカンヌ映画祭パルムドール受賞作!