サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

企業が今後ますますお金を借りようとしなくなったら、銀行はどうなってゆくのかについて

お金はたくさん余っているのに、不動産以外の貸出金額が伸びていない。

銀行は不動産以外の貸出先がなくて困っている。

 

企業が積極的に投資をしなくなってきたんだ。

もう日本にそこまでの需要がなくなってきたってこと。

 

日本の資本主義が行き着くところまで行ってしまったってこと。

少子高齢化による人口減少も影響してるけどね。

 

だから銀行は「もう貯金なんかしないでくれ」という意味で口座管理手数料を取ろうとまでしている。

銀行はもう今までの銀行とは違うものになってゆくだろうな・・・

 

お金も集めない。

不動産以外の融資もしない。

駅前に店舗なんていらない。

人員もいらない

etc・・・

 

じゃあ、どうやって食っていくのか?というと、銀行は『手数料ビジネス』に切り替えるんじゃないかと思ってるよ。

投資信託、ファンド、もしかしたら仮想通貨も販売するようになるかもしれない。

 

こういった流れの中で見てゆくと、ここ最近世間を賑わせている老後の2,000万円不足問題というものがいろんなニュアンスが含まれてるってことがわかってくるよね。

 

なんと言っても、銀行や証券会社といった金融機関と政府は大の仲良しだからね。

お役人さんの天下りもたくさん受け入れている。

 

そこに『利権』がまったくないと考えるほうが無理があるよね。

そこにアメリカの影、トランプ大統領の影、ウォール街の連中の影も見え隠れしてるしね・・・

 

 

自民党

安倍晋三

麻生太郎

金融庁

財務省

銀行

証券会社

天下り

財務省OB

年金2,000万円不足問題

アメリカ

ドナルド・トランプ

ウォール街

S&P500

iDeCo

NISA

つみたてNISA

etc・・・

 

怖ッ