サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく目にするけど、本当にそんなものに賭けていいんだろうか・・・

 「未来に投資する」「資本主義の成長に賭ける」っていう言葉をよく耳にするよね。

でも、それって本当に正しいんだろうか・・・

 

考え方自体は素晴らしいと思うけど、ポートフォリオを「そればっかりにする」「そういう投資先ばっかりで埋め尽くす」というのは本当にいいことなのか、僕にはちょっと理解できない。

 

 

長い目で見れば市場は値上がりし続けているから大丈夫だ。

 

凸凹はあっても最終的には右肩上がりで上昇してゆくはずだ。

 

 

これもよく耳にする・目にする言葉だよね。

でも、それって本当なのだろうか。

本当にその言葉を信じていいんだろうか。

 

本当に今よりももっと経済は成長するんだろうか。

本当に今よりももっと資本主義は膨張してゆくんだろうか。

本当に今よりももっと株価は上がってゆくんだろうか。

 

そういう確証の取れないものに何百万円も何千万円をつぎ込んでいいんだろうか・・・

 

もしも何十年も待たなくても、目の前にキャッシュが得られる投資があったら?

それでも、その選択を捨てて、経済評論家や投資アドバイザーがすすめる20年後30年後にキャッシュが得られる(かもしれない)ものに投資するのだろうか。

 

税金面からみても、もっと有利になる投資はいっぱいあるのに、それを蹴って最終的にきっちり課税されちゃうような投資を選ぶのはなぜなんだろうか。

 

自分が今、投資のアドバイスを受けてる人は「本当に役に立つアドバイスをしてくれているんだろうか?」ということを真剣に考えることはとても大事なことだよね。

 

流行っているから、ベストセラーになっているから、みんなやってるから、etc・・・

そんな理由で、ある特定の投資法に飛びつくのはあまりにもキケンすぎるよ。

 

不動産投資にしても、本当に賃貸利回りが低くてもイールドギャップ(金利差)があればいいのか?について考えなきゃいけないよ。

 

投資信託にしても、本当にドルコスト平均法は損失を平均化してくれるのか?について考えなきゃいけないよ。

 

長期投資をやるにしても、本当に手元にくる利益を30年も先に設定してもいいのか?について考えなきゃいけないよ。

 

分散投資をやるにしても、本当に資産を分散していれば暴落時にリスクをヘッジできるのか?について考えなきゃ家kないよ。

 

いろんなことを言う人がいるからね。

投資をやる人は、『見極める目』を持たなければならないんだ・・・