サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「ポジション取り」のことしか考えてないヤツが増えたことについて

恋愛も結婚もしなくなった日本は未曾有の先進国 という記事を読んだよ。

 

 

blogos.com

 

 

生活保護者や年金デモに対するバッシングはなぜ起こるんだろう。

日本人がこんなに弱者に冷たいのは、「ポジション取り」のことしか考えてないヤツが増えたからではないか。

 

要するに『コスパ野郎』が増えてきたってこと。

だから他人を助ける心の余裕もなくなってきてる・・・

 

 

〇〇高校に行くのは、〇〇大学に入るため。

〇〇大学に行くのは、大企業に就職するため。

 

でも、その採用枠も限られてる。

就職したあとも出世競争からこぼれ落ちないようにしなければ

 

とてもじゃないけど、他人を助けようという余裕はない。

かつてあった相互扶助の精神や判官贔屓の心はどこへ・・・

 

本当は怖いのではないか? 

本当は不安なのではないか?

 

だから外部に『敵』をつくり、それを攻撃することによって、

 

「自分は正しい」

「自分はまともである」

「自分はこぼれ落ちてない」

「自分は強者の側にいる」

 

 

と思いたいのではないか?

 

日本社会のいたるところで弱者叩きが横行している背景

コスパを異常に気にする人が増えてきた背景

 

日本人が自信を失ったことが大きいんじゃない?

 

おもしろいことに、今、もてはやされている幻冬社から本出してるようなインフルエンサーと呼ばれてるような人たち(田端なんとかとか、落合陽一とか、前田なんとかとか、箕輪なんとかとか・・・)がみんな揃いも揃って、

 

 

ポジションを取りに行け!

 

 

ってなことをしきりに言っているよね。笑

 

この「ポジション取り」のことばかりを気にする風潮って、まさに現代社会を象徴しているような気がしています。