サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

子どもの成長過程において「凸凹に慣れておく」ってすごく重要なこと。

豊洲のタワーマンションで起きている、新たな奥様バトルとは… という記事を読んだよ。

 

 

joshi-spa.jp

 

タワマン内の人間関係はドラマにもなるくらい。

ホントか嘘かわからないけど、2ちゃんではマンション毎にスレッドが立ってるという話も聞く。

 

カースト、ヒエラルキー、マウンティング・・・

そういう閉鎖空間のなかで育つ子どもたちはいったいどんな大人になってゆくんだろう?

 

子どもの成長過程において「凸凹に慣れておく」ってすごく重要なことだと思う。

 

金持ちな子、貧乏な子、商売やってる子、ヤクザの子、ルックスがいい子、スポーツ万能な子、勉強ができる子、etc…

いろんな凸凹の空間で育った子って、社会に出てからもいろんな状況に対応できるようになると思う。

 

街並みも何もかもオープンで平らな場所よりも、高低差があったり、路地があったり、秘密の隠れ家があったりする『フラットじゃない街並み』のほうが子どもにとっていいような気がする。

 

同じコンクリートの箱の中で、「上だの、下だの」って大人たちが歪みあうような空間に子どもを起きたくないな・・・