サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生は映画。そして僕らはその映画の脚本家! 夢に向かって自分でどんどんシナリオを書き換えていこう!

失敗したらどうしよう

こんなことしたら笑われるかも

こんなこと言ったら嫌われるかも

etc…

 

そうやってぐずぐずしているあいだにチャンスは目の前を通り過ぎていって、人生はあっという間に終わっちゃうよ・・・

 

『夢』とか『理想』を掲げたりすることってよく嘲笑の的となる。

だけど、僕は夢とか理想とか目標みたいなものに向かってゆくことってすごく大事なコトだと思ってるよ。

 

「夢ばっかり見てんじゃねーよ」とか「理想と現実は違うんだよ」といった具合にとにかく今、現実主義者ばかりが増えてきちゃってる・・・

僕はそれがすごく気になる。

 

特に若い人には現実に押しつぶされることなく、いつまでも理想主義者であってほしいと思ってます。

僕が脱サラ起業できたのも、今、こうして自由にハッピーに(そしてちょっぴり豊かに)生きられてるのも間違いなく「理想」とか「夢」とか「目標」みたいなものがあったからなんだよね。

 

僕は人生は映画みたいなものだと思ってる。

だから自分でどんどんシナリオを書き換えてゆくことができるし、その映画の主人公になることもできる。

 

『ロッキー』も前半部分は幾多の困難に襲われるけどさ、最後は必ず勝利を手にするでしょ?

苦労はいい映画にはつきものなのさ。

 

むかしの僕は断れない人だった。

人から嫌われるのが怖かったから。

 

無責任と言われるのが怖かったから。

その結果、すごく苦しんだ

 

嫌なものは断ればいいんです。

行きたくないところには無理して行かなくていいんです。

 

無責任男でいきましょう!

自分の心を守るために