サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は他の投資法よりも税制面で圧倒的に有利。法人成りをすれば、さらに有利!

不動産投資は他の投資法に比べて税制面で圧倒的に有利なんだよね。

それがすごく不思議なんだ。

同じく「投資」の名のつくものなのに、全然違うんだよ。

 

アパート経営における節税という意味では、単純に原状回復などの修繕が理由だったら60万円までなら『修繕費』として経費(損金)と落とすことができる。

部屋の原状回復費用なんかも経費でOK!

 

台風などの災害で被害を受けた場合も認められてるよ。

だから、ぜひ写真と業者からの見積書は保管しておこう!

 

修繕工事というのは明らかにキャッシュがマイナスになるということだよ。

そういうものが無いに越したことはないよ。

 

でも建物は劣化するし、自然現象を食い止めることは不可能。

だから、その支出はもう仕方がないことなんだ。

「つきもの」として捉えよう。

 

だけど、その避けることができない支出ではあるけれど、それが経費で落とせて、その分、節税になるんだ。

こんなことができる投資法は他にないよね。

 

その資産を手放して(売却して)損失を確定させれば損益通算できる、というものはあるけれど、その資産を保有したまま支出を経費化できるものって、そうそうないよね・・・

 

紙の資産の場合、年間の損益がマイナスだった場合(譲渡損)は損益通算できるよね。

でも不動産投資の場合は、たとて年間の損益がプラスであったとしても、工事費を経費にできちゃう。

 

もちろん、グレードアップはダメだよ。

グレードアップの場合は「資本的支出」となっちゃうから要注意ね!

 

さらに不動産投資をやっていって法人化にすれば、より税制上のメリットを得ることができる。

個人でスタートする人がほとんどだと思うけど、ゆくゆくは法人成りしよう。

 

法人は定款に事業目的というものが書かれていて、税務署は『収益を得るためのもの』と考える。

だから法人名義の領収証は基本的には「業務関連」になるんだ。

 

個人の場合、ガソリン、携帯料金、飲み会などを必要経費とするのはさすがに無理がある。

「それは業務関連とは言えないでしょ!」とツッコミが入る。

でも法人の場合は違うんだ。

 

それが「会社の業務のため」であれば、経費として(損金として)落とすことができちゃうんだよね。