サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

複利のパワーは確かに凄いけど、それが自分に実利をもたらすと確定されたわけじゃないよね。

よく『3%複利で30年間積み立てたら〇〇円になる!』という商品あるけど、それだけ聞くとまるで毎年3%の金利が付くようなイメージを持ってしまうよね。 

でもその『3%』って確定じゃないから、くれぐれも気をつけるように!

 

その場合の3%って、確定じゃなくて、あくまでも「期待」であり、「複利的に運用するよ」ってだけの話なんだよね。

 

だから『3%の複利で運用します』という言葉は嘘じゃない。

実際、複利で運用していることも事実だ。

でも、それは確定じゃない!

 

実際のところはプラスにもなる年もあれば、マイナスになる年もある。

いろんな甘い言葉に惑わされように、あくまでも本質を見抜く目を養おうね。

 

よくいろんなところで出てくるアインシュタインの複利の話は、「わかった、わかった」ってカンジだ。

そして実際、複利というものが持ってるパワーは途轍もなくスゴいものであることも事実だろう。

 

だけど、それだって確定じゃない。 

複利のパワーはすごいけど、自分がその恩恵に預かれるかどうかは神のみぞ知るの世界。

 

目の前にある金融商品が必ず雪だるま式に資産が増えていき、30年後にとんでもないことになってるかどうかはノーバディ・ノウズだということだけは忘れないでおこうね。