サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「オレは詐欺に引っ掛からない!」と豪語している人が平気で投資信託を購入しているというパラドックス

金融庁「老後2千万円不足するから投資しろ」は極めて危険…投資信託購入者の半数は“損” という記事を読んだよ。

 

 

www.excite.co.jp

 

「自分だけは詐欺なんかに引っ掛からない」と思ってる人がいちばんアブナイよね。

多くの人は「いい大学に行って、いい会社に就職して、定年まで真面目に勤め上げれば幸せになれる」と教えこまされて、無防備なままペテン師たちがウヨウヨしている実社会に放り込まれる。

 

不動産投資、投資信託、仮想通貨、バイナリー、マルチ、プログラミング教室、アフィリエイト、etc・・・

詐欺師たちは手ぐすねを引いて『子ウサギちゃん』を待ち構えている。

 

「オレは正しい」と豪語しているヤツがおかしな不動産投資や投資信託に手を染めているというパラドックスにもっと注目しよう。

 

「分散しているからリスクを回避している」と言う人のポートフォリオがなぜ株価の暴落で毀損する?

本当にリスクをヘッジしているのなら、暴落が起こっても平気なはず・・・

 

何かに勧誘するための街コンや婚活パーティーもある。

さて、皆さんはいったいどうやってそういうもの見分ける?

みなさんは洞察力や識別眼みたいなものは持っているだろうか?

 

子供たちに本当のマネー・リテラシーを教えなければ大変なことになる。

本当のマネー・リテラシーとはiDeCoNISAの仕組みを理解させることじゃない。

本質を見抜くチカラを身につけさせること。

 

例えば、「分散」と「ヘッジ」の違いを把握させること。

詐欺師に騙されない『眼』を養わせること。

 

定年後、僕らは生活するのにいくらのお金が必要だろうか。

1000万円だろうか、3000万円だろうか、5000万円だろうか。

 

本当に65歳の時点で5000万円があれば余生を安心して過ごせるだろうか。

その頃、円の価値はどうなっているだろうか。

確定拠出年金はどうなっているだろうか。

 

ファンマネも経済評論家も常に間違うんだよね。

市場の上がり下がりなんて、誰にもわからないんだ。

 

本当に株や債券は今後2030年、上下を繰り返しながらも右肩上がりで上がっていくのだろうか。

そして引退する頃に本当にご褒美をくれるのだろうか。

 

本当にキャピタルゲインを目的に投資することは正しいのだろうか。

その答えは誰にもわからないんだよね。

 

・・・・ってことは、そういうものに投資する人っていうのは「どうなるかわからないもの」に投資してるってことなんだよね。

これほど恐ろしいことってないと思いませんか?