サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

確率が50%のものにお金を突っ込むのは「資産運用」なの? それとも「ギャンブル」なの?

作成者が語る“2000万円報告書”の真の狙い という記事を読んだよ。

 

 

blogos.com

 

ノーベル賞を受賞した経済学者でも30年後の株価を予測することは不可能だよね。

それは東京オリンピックの開会式の天気を予測するのが不可能なのと同じ。

 

それなのにおもしろいよね。

政府も投資専門家も、『30年間分散・積立投資していけば儲かる』と言っている。笑

 

将来キリンがどんな進化を遂げるかわからない。

30年後にS&P500や日経平均株価が今よりも3倍になっているのか、3分の1になっているのか、すべては結果を見てみなければわからない。

 

逆に言うとこういう事になる。

「結果を見てみなければわからないようなもの」にお金を突っ込めと言ってるってこと。

 

なぜデフレから脱却できない?

なぜケインズのやり方は功を奏さない?

なぜAmazonが世界一になった?

 

すべては不確実だよね。

未来はどうなるかわからない。

 

経済学の理論よりも自然界のカオスの方が優ってるってことさ。

なのに、なぜ『これに投資をすれば増える=儲かるから買え!』と言い切れるんだろう?

 

すべてはイメージだよね・・・

30年間分散積立投資をしていれば儲かる」という勝手なイメージ。

何かのグラフを見たり、偉い先生の言葉を聞いたりして、どこかの時点で「そうだ、そうに違いない!」と脳の中にとインプットされたイメージ。

 

現実ではないもの。

妖精の粉のようなもの。

そういうものに大金を投じることがいかに恐ろしいことか・・・

 

30年後、予想したとおり株価が今よりも上がっていたら、おめでとう!

でも、もし下がっていたら・・・?

 

確率は50%。

半か、丁か!

さあ、張った張った!!

 

・・・・そんなものに何百万円も、何千万円も積み立てて本当にいいんだろうか?

 

東京オリンピックの開会式が晴れる確率は50%。

晴れない確率も50%。

なぜ、東京オリンピックの開会式が晴れるはずだと言い切れるのだろうか。

そんなこと誰にもわからないのではないか・・・

 

S&P500が過去50年間上昇してきたとして、なぜ自分たちが引退するときの株価が今よりも上がってるということがわかるだろうか。

過去50年間のオリンピックの開会式が全部、晴れていたとしても、なぜ東京オリンピックの開会式が晴れると言い切れるのだろうか・・・

 

その確率はやっぱり50%なのではないだろうか・・・?

 

そういうものにお金を突っ込むことって「資産運用」なの?

それとも「ギャンブル」なの?