サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「不動産投資には多額の自己資金が必要だ」と思ってる人は何か勘違いしている・・・

「不動産投資には多額の元手が必要だ」という言説がまことしやかにささやかれているけど、実際のところは少ない元手(自己資金)ではじめることができるんだよ。

 

 銀行との話し合いによっては、「えっ、嘘でしょ?」というくらい少ない資金ではじめられる。

なぜか誤解されてるけど・・・

 

「不動産投資は実は少ない元手で始められない」と思ってる人が大半を占めているんだ。

 

不動産投資の最大のおもしろさはここにある。

キーワードは『他人のお金』。

僕のお金じゃないんだよ。

 

他人のお金=銀行が用意してくれたお金(融資)を使って、僕は不動産という高額な商品を手に入れているんだよ。

 

僕があんなにたくさんの不動産を取得できるはずないじゃん!笑

僕にはとてもそんな力はないよ。

悪いけど。

 

僕の力なんてほんのわずか・・・

僕が用意したお金なんてほんの少し・・・

 

ところが、そのわずかな資金で大きな資産を手に入れることが不動産投資の醍醐味なんだ。

 

しかも、その資産は僕に「自由」と「ストレスフリーな生活」を提供してくれるんだ。

「不動産投資には多額の自己資金が必要だ」と言ってる人・思ってる人は何か勘違いしているんじゃないかな。

 

不動産投資を株式投資を同じ感覚でとらえちゃってるんじゃないかな。

 

自分の力なんてたかが知れている。

自分のお金も。

 

僕が不動産投資に惹かれたのは最初から最後まで『人のお金』を使って勝負できる投資法だからだ。

もしも自己資金だけで勝負するものだったら僕にはとてもできなかった。

 

借りるのも(銀行)、収入も(賃借人)、売却も(買主)、全部人のお金なんだよね。

こちら用意する自己資金は全体から見れば微々たるもの。

 

その微々たる額だけで驚くようなリターン(所有中の純利益と、売却益)が得られる。

 

銀行はなぜか不動産が大好きだ。

株や投資信託やビットコインの購入資金には融資してくれないんだよね。