サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

マッチョな人は本当は弱い人。マウンティングや威圧の裏には「コンプレックス」がある!?

香川県警の署員が私用で訪れた店で揉め事「わしは生活安全課や」 という記事を読んだよ。

 

 

news.livedoor.com

 

いわゆる『マッチョな人』っているよね。

マッチョな職業、マッチョな芸能人、マッチョな政治家、etc・・・

 

そういう人たちをよく観察してみて。

そういうタイプに限って、心の中に弱さを持っていたりするから。

 

それをカムフラージュするために『マッチョ』を身にまとっている。

 

素のまんまの自分に自信がないから、肩書きとか社会的地位とか学歴とか職業とかを持ち出して、『マウンティング』しようとする。

心に不安がある人なんだよ。

 

もしもそういう人に出会って嫌な思いをしたら、どうか気にしないこと。

「ああ、この人、不安なんだな」と思ってあげて。

 

鬱の人って、ある意味すごい人だよ。

自分の弱さときちんと向き合うことができる人だから。

ある意味、とっても強い人だよ。

 

「オラ、オラ!」って、人を威圧する人って、自分の弱さから目をそらし、逃げまわってる人。

本当に強い人、幸せに生きてる人は『暴力』に頼らないものだよね。

 

『マイナス思考の自分』を責める必要はまったくない。

「マイナスを考えることができる人」って極めて健全な人だと僕は思うな。

 

ブレーキが付いてない車を運転する方がよっぽど危険だよ。

鬱ばかり注目されるけど、躁も問題だよね。

 

四六時中、意識高くハイ・テンションでいればいいってもんじゃない気がするよ。

強い自分がいるから、弱い自分と向き合うことができる。

 

弱い自分に目をつぶり、きちんと向き合わずに逃げまわっている人の方がよっぽど弱い人だと思う。

マッチョで、男らしくて、いつも威勢のいいことばかり口にしてる人っているでしょ。

でもそれって弱い自分を隠すための『ペルソナ』を演じていたりするパターンが非常に多いんだ。

 

そこには自分自身に対する自信のなさやコンプレックスがある。

それをカムフラージュするために強さを前面に押し出してるんだね。

 

サラリーマンをしていた時、僕は営業成績で1番になろうと必死で頑張った。

でもその頑張りの本当の正体は、ただ単に自分に自信が持てないことのカムフラージュだった。

 

自分に自信がないから実績という名の『数字』で埋めようとしていただけ。

 

数字はどこまでいっても数字。

それは自信とは違うんだよね。