サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

すべては投資信託を買わせるための『陰謀』だったりして・・・

日銀がマイナス金利政策を発表してから「銀行に預金してもスズメの涙」という言葉がアチコチで急に言われはじめたよね。

 

でも引き下げられた金利の差って実は誤差のレベルなんじゃない?

年間いっぱい手数料取られる投資信託などにお金を突っ込んで、挙句、含み損を抱えるのに比べたら・・・

 

もしかして、これって政府の陰謀?

もしかして、これって人々に投資信託を買わせるために仕掛けられた『壮大なトロイの木馬』なんじゃないかと思ったりすることもあるよ。

 

それから、もう一つ政府の陰謀なんじゃないかと思うことがある。

 

インフレによる平均資産価格は消費者物価と同じ速度で上昇するんだよね。

だからインフレになると資産を持ってる裕福な人には利益をもたらし、資産を持っていない裕福でない人には不利益をもたらす。

 

つまり、インフレになって打撃を受けるのは資産を持っていない「普通の人」なんだ。

だから『投資しましょ!』『投資信託を買いましょう!』と一大キャンペーンを打つ。

 

日銀も政府も一生懸命インフレに持っていこうとしてない??

 

投資信託がいちばんカンタンで、いちばん手っ取り早くはじめられる。

個別株を選ぶよりもお手軽だし、最初から分散されてて、パッケージ化された良い金融商品であるように見える。

 

自分で食材を買ってきて、自分で料理するのってめんどくさい・・・

それだったら、コンビニで弁当を買ってきて、レンジでチンして食べたほうがいい。

 

僕は投資信託がこんなに流行っている背景にはそういう現代人たちの考え方が反映されてるんじゃないかと思ってる。

 

そして、なぜか知らないけど、『投資信託はいちばんリスクが低い』と思われてるんだ。

おもしろいよね。

 

実際にはいろんな罠がいっぱいの金融商品なんだけどね。

でもマネー雑誌にも、ベストセラー本にも、そんなことは書かれていない・・・

 

サブプライム・ショックを引き起こしたのも投資信託だったんだけどね。

なぜか知らないけれど、『投資信託は安全な金融商品だ』と多くの人が思い込んでいるんだよね。笑

 

投資信託の運用会社や販売会社、受託会社などは何で儲けていると思いますか?

あんなに高額な年収を受け取り、あんなに立派なビルに入居しているけど、その「利益」はどこから出ている?

 

全部、投資信託を買った人が「持ってるだけで」払わなきゃならない『手数料』だよ。笑

 

 

「信託報酬」と呼ばれる手数料は毎日、純資産高から引かれる。

投資信託を買った人は毎日、手数料を払ってるんだよ。

しかも、持ってるだけで!

 

投資家が増えて、そのファンドの運用額が大きくなればなるほど会社は儲かるシステムになっている。

 

政府とは大の仲良し。

天下りとかはどうなってるんだろう?

 

きっとどうにかなってるんだろうな・・・

 

投信を推奨する本の著者が証券会社の人間や経済評論家、FPといった人たちなのは何故だろう。

株や不動産投資では『〇〇億円儲かった!』という話はたまに耳にするけど、投信では聞かないのは何故だろう。

投資信託をはじめる人が増えれば増えるほど喜ぶのはいったい誰だろう。

 

本当に儲かるのは投資家だろうか、それとも証券会社や投資信託を運営する会社だろうか。