サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

山本太郎が言っていた「法人税に累進課税を!」に賛同するツイートをしたら、思いがけずバズってしまった話。

昨日、何気なくつぶやいたツイートが思いがけずバズってしまったようで、びっくりしてるよ!汗

 

いいねが1万を超えてる。

もう二度とこういうことないかもしれないので、ブログの方にも貼っておきますね。笑

 

 

僕は昨日、こういうツイートをしたんだよ。

 

 

 

 

 

山本太郎氏が「法人税にも累進課税を導入すれば、消費税を撤廃できる」「学生に借金を背負わせるかたちの奨学金もなくせる」という内容の動画をたまたま目にしてさ。

それで単純に「これはいいな!」って思ったんだ。

 

ただ、僕はご存知のとおり、サラリーマンじゃない。

規模は小さいながらも、いちおう法人をやっている。

「そんな会社を経営している人間が法人税に累進課税を導入することに賛成をするなんておかしいんじゃない?」と思った人も多いと思う。

 

たしかに僕は会社を経営していて、僕は不動産という世界で生きてる商売人です。

だから、これからも利益を追求していきたいと思ってる。

 

でも、「それはそれ」「これはこれ」だと思ってるんだよね。

 

ビル・ゲイツも、ウォーレン・バフェットも、ジム・ロジャースも大金持ちだけど、そんな大金持ちな彼らも富裕層だけトクをするような税制は「おかしい!」とはっきり言ってる。

 

まあ、もちろん彼らみたいな巨人たちと僕を比べるのは相当無理があるんだけどさ。笑

考え方としては似たようなものがある。

 

というのも、法人にはいろんな「抜け道」がいっぱい用意されているんだ。

これは法人を実際に運営してみないとわからないと思う。

会社の税金を安くする方法っていっぱいあるんだよ。

 

ビル・ゲイツも、ウォーレン・バフェットも、もちろんそのことは知っている。

僕も知っている。

孫正義さんも、ZOZOの社長も、ユニクロの柳生さんも知っているよ。

 

サラリーマンの人は知らないかもしれない。

なぜなら、彼らは源泉徴収で知らず知らずのうちに税金が徴収されてるだけだから、真正面から税金について考えたりしないもんね。

 

学校でも税金についての授業なんてないし、家でもほとんどの家のお父さんはサラリーマンだから、税金の仕組みがどうなってるかなんて教えないよね。

ましてや、法人税がどうなってるか、法人税にはいっぱい「抜け道」がある、なんて知らないヒトがほとんどだと思う。

 

だから僕はこのようなツイートをしたんだよね。

僕みたいな法人をやってる人間がこういうことを言わなければ、説得力もないしね。

 

もしも個人であるサラリーマンの人がこういうツイートをしたら、ただ単に「ひがんでる」「ねたんでる」と言われて終わりだったかもしれない・・・

 

僕は『プラン・ジャパン』https://www.plan-international.jp/という国際NGOに毎月寄付をしている。

そんな大した額じゃないよ。

大した金額じゃないけど、まあ、毎月コツコツやってきたんだ。

 

だから、どっちかっていうと、もともとそういう「社会の役に立ちたい!」「社会に貢献したい!」という願望が強いタイプの人間だったんだよね。

そして、できることならば困ってる人や弱者を救いたいという想いが人一倍、強いタイプの人間だった。

 

ロックが好きだからU2のボノやジョン・レノンの影響を受けたのかもしれない・・・

 

何を言いたいのかというと、僕は「利益を追求して、たっぷり稼いで、豪遊して、はい終わり!」じゃ、満足できないタイプの人間なんだよねということ。

それじゃ、全然おもしろくない。

お金を稼いでも意味がない。

むなしい・・・

 

今度、逆にお金を稼いでる人を攻撃だけして終わりっていうのも、これまたおかしいとも思う。

いつも言ってることなんだけど、「カネの亡者」もおかしいけど、「清貧の思想」もおかしいってこと。

市場原理主義・新自由主義もおかしいけど、共産主義もおかしいってこと。

 

そういった意味でいうと、山本太郎氏が言いはじめた「法人税を累進課税を導入する」という案は、シンプルにすごくいいと思ったんだ。

それは共産主義じゃない。

市場原理主義・新自由主義でもない。

 

企業には今までどおり、ガンガン稼いでもらう。

稼いでもらうけど、いっぱい稼いでくれた企業にはいっぱい法人税を払ってもらう。

 

それは企業にとってマイナスだと思います?

僕は違うと思うよ。

 

そうやってたっぷり利益を出して、たっぷり法人税をおさめた企業は日本国民から『尊敬のまなざし』で見られると思うよ。

そういう経営者はきっとヒーローになると思う。

学生もきっと「あの企業に就職したい!」って思うはずだよ。

 

これは日本のことだけじゃない。

世界的規模で僕は「何かが変わろうとしている」のを感じるんだ。

 

今まではホリエモン的な人がもてはやされてきた。

人間性がどうであれ、とにかくカネを稼いでる人が尊敬されるような空気が支配的だったよね。

でも、潮目が変わってきたように感じるんだ。

 

そういうヒトって、「ダサい」というか、「カッコ悪い」と思えるような時代になってきてるように感じるんだ。

これは感覚的なことなので、もしかしたら僕が間違っているのかもしれない。

 

だけど、みんなもうそういうのに疲れてきてるように感じる。

「もう、そういうのいいよ・・・」といったような、ウンザリ感を感じているんだ。

 

そういった意味で言えば、ZOZOのあの人は月に行かない方がいいと思う。笑

それではヒーローにはなれない。

下手したら、それが『最後の打ち上げ花火』になるかもしれない。

 

単純に、時代が変わってきたってことなんだよね。

資本主義が行き着くところまで行き着いてしまった・・・・というかね。

 

みんな薄々、そのことに感づきはじめている。

 

なんか、つらつらと書いてるうちに話がズレはじめてきちゃった・・・・笑

とにかく、法人にも累進課税は正しいと思う。

そして、たくさん稼いで、たくさん税金をおさめるような会社は損をするどころか、トクをすると思う。

 

それはものすごいブランド・イメージのアップだよ!

社会にも貢献して、めちゃくちゃカッコいいよ。

少なくとも、内部留保をたっぷり抱え込んで、微々たる額の法人税しか払ってない会社よりもはるかにカッコいいと思われると思うよ。

 

時代はそっちの方向に動きはじめてる。

もう今までのような価値観じゃなくなってきている。

 

これを言うと、「日本から大企業がいなくなる」って言うヒトいるけど、そんなことないって。

逆にカッコ悪いって。

逆にブランド・イメージ、ダウンするって。

 

情報化社会が到来したことによって、もしも本当に法人税の安い国に登記をしたら、みんなにバレちゃうって。笑

誰も知らないような会社だったらいいかもしれないけれど、みんなが知ってるような大企業がそんなことしたら、カッコ悪くて、もう日本で商売なんかできなくなるって。

 

商売ってそういうものなんだよね。

ここが商売と投資の違いなんだよね。

 

投資は市場とかを相手にする。

でも、商売は『お客さん』を相手にするんだよね。

そのお客さんから「なんだ、あの会社は・・・・」って思われたら、もう商売が成り立たなくなっちゃうんだよ。

 

だからスポンサーはコンプライアンスってものを気にするんだ。

だからスター・バックスはイメージがダウンするようなことが起こったとき、あんなにキチッと対応したんだよ。

 

『企業のブランド・イメージ』って、ものすごく重要なんだよ。

だからきっと日本の大企業は法人税の累進課税を導入したとしても、簡単には出ていかないと思うよ。

今まで自分のところの商品を買ってくれて、今までお世話になったような人を簡単に切り捨てるようなこと、日本の大企業にかぎってしないって。

 

・・・というか、カッコ悪くてできないって!

 

まあ、1回お試しでやってみればいいじゃん。

1回やってみて、本当にバタバタと本社が外国の法人税の安い国に移転していて、日本の税収が落ち込むんだったら、また戻せばいいじゃん。

 

そうやって損得勘定でしか動かないんだったら、また元に戻せば、また戻ってくるってことでしょ??

 

でもね、僕は日本の企業って、意外にそんなにカッコ悪くないと思うよ。

今までお世話になった人を簡単に裏切るような不義理なことはしないと思う。

 

カッコ悪いし、イメージ悪いし。

いったん海外に移して、まだ戻して・・・・・なんてことしないと思う。

 

情報化社会だからね。

その企業がどんな動きをしたかなんて、簡単にみんなに知れ渡っちゃうような時代だからね・・・

 

あっ、それから!

最後に「奨学金を廃止する」っていうのは軽率な書き込みだったと、反省しています。

 

まあ、改めて説明する必要はないと思うけど(きっと、みなさんには伝わってると思うけど)、僕が言いたかったのは『学生を苦しませるような借金漬けにするようなタイプの奨学金をやめよう!』ってことを言いたかったんです。

 

それを『奨学金を廃止』っていうふうにツイートしちゃった・・・汗

 

貧しい学生を救うための、給付型の奨学金は大いに結構だと思うよ。

なんか、「奨学金を廃止したら、苦しむ学生が増える」って、いろんな人から突っ込まれちゃったから・・・・

 

わかるよね? 笑

 

簡単に言うと、バーニー・サンダースですね。

バーニー・サンダースの、『学生ローン債務免除法案』ですね!

 

 

www.huffingtonpost.jp

 

 

こんなツイートを発見。

なるほど、法人税に累進課税を導入するの真剣に考えてもいいかもね。