サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

目の前の状況というのは自分自身の心の投影でしかない。

以前の僕は『人生は自分ではなく、まわりの環境や状況が創っている』と勘違いしていた。

でも僕たちは人生を自分の好きなようにデザインすることができるんだよね。

それを知らなかったがために僕は随分、遠回りをしてきてしまった・・・

 

環境や状況に問題があるのではない。

自分自身のあり方に何か問題があるんだ。

 

何か良くない状況にあるとき、外にその問題を解決する答えを探すのではなく、自分の中を探ってみよう!

「何か間違ってるところはないか?」と。

 

きっと何かがあるはずだよ。

目の前の状況というのは自分自身の心の投影でしかないんだから・・・

 

どんな生い立ちに生まれ、どんな境遇の元に育ったとしても、それは単なる客観的な事実に過ぎない。

「だからどうしたの?」といった感じ。

 

不幸な事実が積み重なったからといって、その人が不幸にならなきゃいけないわけではない。

人生は数学じゃない。

そこは「こうしたら、こうなる」といった世界じゃないんだ。

 

フロイトは『夢』について熱心に研究したことで知られているよね。

夢は僕らの精神状態を映し出すスクリーン。

だから、しょっちゅう悪夢を見る人は何らかの不安や悩みを抱えているのかもしれない。

 

ちなみに、ストレスと無縁で、自由に好き勝手に生きてる子供たちは楽しい夢を見やすいと言われているよ。

物事というのはすべて自分の心の投影に過ぎないということだよ。

夢にまでそれがあらわれてくる!

 

だから何か良くないことが起こったら、自分の中におかしいところがないか分析してみよう。

そして、そこを改善してあげれば、物事も自然といい方向へ流れてゆく、と信じて行動を変えてみよう。

 

 

我が身から出ずるもの いずれ我が身に戻りくる。

 

 

これ、マジで真理だよ!