サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は毎日、「みんなと同じにしなきゃいけない」というThis is 日本的価値観と闘っています。

『出る杭は打たれる』って本当にあるね。

僕は脱サラ起業するというすごく特殊な道を選択した人間だから、それをすごくリアルに感じているよ。

 

こういう特殊な道を選んだ以上、それは『出る杭になる』ってことなんだろうけど。

やっぱり出る杭は出る杭でキツイね・・・

 

東京なんかだといろんな人がいるからあんまり目立たないのかもしれないけれど、北海道の地方都市ではまわりにあんまりいないんだよね。

そして、特殊な道を選んだ人はそれだけで『変わり者』という扱いになっちゃうんだ。

 

でもさ、僕は思うんだよね。

日本人って、「普通こうだよね」「普通はこんなことやらないよね」っていう枠にとらわれ過ぎているような気がするんだ。

目に見えない呪縛みたいなものにみんな縛られ過ぎてるような気がする。

 

もっと自由でいいと思うし、もっと多様でいいと思う。

自由に生きてる人って自由じゃない人から攻撃されちゃうんだよね・・・

 

そういう、This is 日本的価値観がキツく感じられて、どうしようもなくなったとき、僕は『ファイト・クラブ』という映画を観ることにしているんだ。

そこにはハッとさせられるようなセリフがポンポン飛び出してくる。

 

 

誰かに作られたライフスタイルの中で生きる消費の奴隷でいいのか?

他にすることがないのか?

他にすることが無いほどお前の人生は空っぽなのか?

 

 

仕事を辞めて、戦え。

お前が生きていることを証明しろ。

自分は一人の人間だと証明しないと、お前は只の統計の一部だ。

警告したぞ!

 

 

 

職業が一体何だってんだ?

財産なんかクソ食らえだ!

財布の中身も、そのクソッタレなブランドも関係ねぇんだよ!

お前は『職業』なのか?

そうじゃねぇだろ!

 

 

 

実際に殴り合う相手がいるわけじゃないけど、僕は毎日、「みんなと同じにしなきゃいけない」というThis is 日本的価値観ってやつと闘っているんだ。。。

 

子どもの頃に大人たちから聞かれた「将来何になりたい?」という質問。

日本ではその質問はイコール、「将来どんな職業に就きたい?」という意味で使われているよね。

 

でもこれからは『職業』というものさしで自分の将来を計らない方がいいと思う。

職業ではなく、「どう生きるか」「何をやって生きるか」を真剣に考えて欲しい。

 

広告の世界に『ユニーク・セリング・プロポジション【uniqe selling proposition】』というコンセプトがある。

「独自性を持て」「他との差別化をはかれ」「ユニークであれ」ということ。

 

突出してればしてるほどいい。

変わり者であればあるほどポジションをキープできる。

 

もうすぐ「みんなと同じ行動をしていれば何とかなる」という時代が終わると思う。

散々変わり者扱いされてきたけど、それもようやく終わると思う。

 

いずれにせよ、僕は先に行動してユニークな道を選び、独自のポジションを取ることができた。

それはいいことだったと思う。

 

www.businessinsider.jp

 

「みんな同じ」を尊重しすぎる日本社会に違和感を感じるときがあるよ。

『和を以て貴しとなす』も行き過ぎると、閉塞感を生み出すよね。

 

子どもたちの様子を見ていてもわかる。

カリキュラムでは「没個性」をうたっているけども、学校教育でも目に見えない根本的な部分では「みんなと同じ」を重視してるよね。

 

だから、「あいつちょっと変だ」「おれたちと違う」という理由だけでいじめが起こったりする。

それはぼくたち大人がつくりあげてる社会の責任だと思う。子どもたちは大人たちの影響を受けている。
学校は社会の縮図だとぼくは思ってます。

 

ぼくはいわゆるザ・サラリーマンの世界からドロップアウトして、常に「世間の白い目つき』というやつを感じながら日々を送っているよ。

日本人は「目の前にいる相手がどこに所属してるか」を何よりも気にする。
個性の前に、まず所属先なんだ…

 

もう少し好き勝手に生きることを良しとする社会になればいいのにね。
いろんな人がいて、いろんな生き方があってさ、、
もっと自由な発想でさ、、、

そういう世の中のほうがハッピーに生きられるんじゃないかな。
いまは何かとキュークツ過ぎるよね。笑