サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「優良物件が出てくるはずがない」というのは間違い。

 

 

 

「優良物件が出てくるはずがない」というのは資産運用の本にもよく出てくるよね。

だから不動産を取得したことのないヒトは「そうなんだ」と思い込む・・・

 

でも実際は売主はいろんな事情を抱えていて、思いも寄らないかたちで自分のところにいい条件の物件がまわってきたりすることもあるんだ。

 

相続、資産整理、利益確定・・・・売主の売却理由もさまざまだよ。

必ずしもダメ物件だから売りに出されるわけじゃないんだ。

 

そこには、いろんな『物語』があるんだよ。

売主さんはいろんな事情があってその物件を売りに出すんだよね。

 

でも、ツイッターなんかを見ていると、「いい物件が世に出るわけない」って言ってる人多いね。

 

それから、その人が言ってる「いい物件」って、いったいどういう物件のことを指しているんだろう?

もしかして東京都渋谷区で、RCで、築浅で、3LDKで、オートロック付きのマンションで、利回りが20%の物件のことを「いい物件」だと思っているんじゃないか・・・

 

一見するとボロボロのアパートでも、工事したら見事に蘇ったりすることもよくある。

そのアパートが空室だらけなのは、ただ単純に前の所有者のアパートの運営方法が良くなかっただけ、ということもある。

 

そういう物件も工事業者と一緒に手をかけて再生させれば、もしかしたらものすごく魅力的で部屋もすぐ決まるような「いい物件」に変貌するかもしれない!

 

 

f:id:orange345:20191011080055p:plain

 

不動産投資って投資というより、『商売』だからね。

商売だから「交渉」とか「工夫」とか「知恵」とかでピンチをチャンスに変えることもできるんだ。

 

こちら側の工夫によって、利回りをガラッと変えることもできる。

投資結果をこちらでコントロールすることができるんだ。

 

その辺が株式投資などの投資や資産運用と違うところなんだ。

市場をコントロールすることなんてできないもんね。

 

だから僕は不動産投資のことを投資だと思ってないんだよ。

不動産投資はビジネスであり、商売なんだと思ってるんだ。

 

恐らく不動産投資をやったことがない人がイメージだけでで、「いい物件が世にでるわけがない」と言ってるんだろうな。

紙の資産と同じ感覚で捉えているんだろうな。

 

そこにいるのは『人間』なんだよね。

そして人間にはいろんな事業があり、背景があるんだ。

 

人間が相手だから、いろいろ話をしたり交渉したりしてゆくうちに「思いも寄らない展開になっていった!」なんてこともよくあるんだよ。

 

不動産の世界は、すごく人間臭い世界なんだよね。

 

「いい物件」がいきなりそのポーン!とそのままの好条件で目の前に出てくるなんてことはまずないよ。

いろいろ交渉したり、工事をしたり、工夫をしたり、知恵をふりしぼったりしてゆくうちに「いい物件」になってゆくんだよ。

 

 

「どうせいい物件は不動産業者が買うに決まってる」という人はおそらく『マネー』のことしか見えてないんじゃないかな。

入居してくれる人も、客付けしてくれるお兄ちゃんも、工事してくれるおっちゃんも、物件を紹介してくれる社長もみんな人間なんだよね。

 

『金』のことより『人』が重要なんだよね。

 

 

f:id:orange345:20191010091527p:plain

 

「そもそもいい物件が世に出てくるわけない」と言う人がいるよね。

不動産投資を嫌いな人がよく言うセリフだ。

 

これは本当に正しいの? 

 

売却理由はさまざまあるんだよね。

相続、デッドクロス回避、任意売却、利益確保、etc・・・・すべての物件がダメな物件だから売りに出されているわけではないんだ。

 

「本業で大損失を出した」「相続税が払えない」との理由で大急ぎで不動産を売却する人もいる。

 

たとえ「儲からない物件だったから」という理由でも、それがイコール「物件が悪い」にならないケースもある。

その人がその物件のパフォーマンスに見合わない価格で購入したことが原因だったり、その人の管理やメンテナンスが悪かったりね・・・

 

儲かる物件は必ず出てくるよ!