サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『オデッセイ』を観て思ったこと

 

オデッセイ(字幕版)

オデッセイ(字幕版)

 
オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

オデッセイ [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

 

何かイヤなことがあったり困難に遭遇したとき、僕は『オデッセイ』という映画を観ます。

そしていつも勇気をもらっています。

 

 

① 知恵を振り絞ること

② 決して諦めないこと

③ いかなる状況に陥っても絶対にユーモアを忘れないこと

 

 

みなさんもこの3つのことを忘れないでほしい。

特に③は最も重要!

 

 

この映画は人生をあらわしているんだと思ったよ。

火星が舞台になってるけど、あれは人生そのものをあらわしているんだと思ったよ。

 

『ショーシャンクの空に』や『桐島、部活やめるってよ』が刑務所や学校を舞台にしているけれど、実はそれは人生全般のメタファーだったように・・・

 

人生にはいろいろなトラブルに見舞われる。

その時どうすればいいのか?について描いた映画。

 

 

目の前にある問題をひとつひとつクリアしていけば、いつか必ずゴールにたどり着ける。

 

 

この言葉は非常に重要。

ものすごくシンプルなんだけど、こんなに前向きな言葉ってないよね!

 

みなさんもきっといろんな問題を抱えていると思う。

僕も抱えている。

人生で問題を何ひとつ抱えていない人なんているのかなぁ?

 

そのあまりの問題のボリュームに大きさに辟易してしまうこともあると思う。

そんなときはこの言葉を思い出してほしいなぁ。

 

全部を一気に解決しようとするから愕然としてしまうんだよ。

大切なことは一つ一つクリアしてゆくこと。

僕らにできることはそれくらいのことだけ。

 

そうやって問題を1つ1つクリアしていった先に、ゴールはあるんだよ!!

 

 

あんまりシリアスになりすぎるな!

絶望的な状況に遭遇しても、『ユーモア』だけは忘れてはいけない。

 

パニックに陥ったり、大声で泣き叫んでも状況が改善するわけではないんだよね。

「笑える」ということは客観的に自分のことが見れている証拠。

 

そういう人はピンチを脱するのも早いよね。