サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

こういう不動産価格が高騰しているときに出てくる『高利回り物件』には十分気をつけたほうがいいよ!

 

 

 

www.rakumachi.jp

 

 

今のように不動産価格が高騰している時期に、20%を超える高利回り物件が自分のにまわってきたら、逆に『何かあるな』と思ったほうがいいよ。

 

しかも、目の肥えた超ベテランの大家さんや不動産会社の社長はスルーしたのにも関わらず

 

『超再生物件』の可能性大だよ。

 

リーマンショックの後のような時期に『お宝物件』が世に放出されたりする。

売却の理由が「資金繰りの悪化にともない、キャッシュをつくるため」という真っ当な理由がある。

そこそこイイ物件でも泣く泣く手放す大家さんもいる。

 

ところが、今みたいな高い時期に利回りの高い物件を手放す理由とは??

こういう高い時期に高利回りの物件が出てきたら、いつもよりも慎重になった方がいいよ。

 

 

・業者がつくった満室?

・その家賃は適正なの?

・なぜ売主は儲かる物件を売却するの?

・その価格の土地の評価額はいくら?

・その物件を売却するとき利益は出るの?

・本当にその地域の将来性は大丈夫なの?