サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

自由に生きることを選択し、実践しようとする人間が差し出さなければならない代償

リーマン時代すごいまわりに気を使って、自分を殺して、意見も言えない(言わない)タイプだった。

そういう自分が嫌で、生き方を変えたくて、こういう生き方を選んだ。

 

ところがそこには代償があった・・・

 

日本では「自由に生きる」ってことがあまり評価されていないんだ。

そもそもみんな自由に生きたいなんて思ってないんだ。

 

だから自由に生きてる人を見ると嫌悪感を抱く。

自分とは違う存在として、白い目つきで見る。

 

僕はその冷たい視線ってやつを常に感じているよ。

 

でも仕方ないよね。

何かを得るってことは、何かを差し出さなきゃならないんだろうね。

 

「めんどくさいこと」「わずらわしいこと」から自由になりたくて、脱サラしてセミリタイア生活を送っているわけだけどさ、まさかその代償としてこういうのがあるなんて想像してなかったな・・・

 

まあ、お金の問題や仕事の悩みを抱えるよりはいいか。

 

楽しく生きてると、楽しく生きてない人から「何、楽しそうにしてるんだよ!」って攻撃される。

それじゃ、大人しくしてればいいのか?というと、それも辛い・・・

つまらない・・・

おもしろくない・・・

 

やっぱり楽しく生きよう!

 

なぜ誰かに遠慮する必要がある?

なぜ誰かの顔色を伺う必要がある?

 

そだね~