サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

流行ってものを買って成功することはないよ。

新築ワンルームマンションなんて買ったって儲かるわけないじゃん。

たとえ東京だろうが、大阪だろうが、札幌だろうが・・・・

どうしてそんな簡単なことがわからないんだろう。

 

同じような意味で、みんなやってる今、流行りの『投資信託を買って、世界中に分散投資して、20年30年とそのファンドを持ち続ける』という投資法も儲かるわけないじゃん。

 

最終的には(長い長い年月をかけてゆっくりと)「手数料」と「税金」を業者と政府に吸い取られて、はい終わり・・・・ってことになるだろう。

どうしてそんな簡単なことがわからないんだろう。

 

どちらにも共通していることが2つあるよ。

 

1つ目、どちらも今、大流行りだということ。

2つ目、どちらもマネー雑誌でしきりに特集記事が組まれているということ。

 

バフェットは言ってるよね。

 

 

流行ってるものを買って成功することはない。

 

 

「助っ人」に金を払う価値は無い。

 

 

って。

 

マネー雑誌でいちばん勉強になり、いちばん注目すべきポイントは、「特集記事」じゃないよ。

『その雑誌にどんな会社が広告を出しているか?』ということだよ!

 

そして、そういった金融商品を必死に進めてくる『投資のプロ』と呼ばれる人たちはいったい何者なのかということ。

投信会社はいったいどうやって儲けているのかということ。

その儲けはいったい誰が払っているのかということ。

 

そういったことに目を向けることってすごく大事なことだよ。

「これが資本主義ってやつか!」と大変勉強になります。

 

あなたが今、手にとっているそのマネー雑誌の広告のところに目を向けて見て!

そこにすべての答えがあるんだよ。

 

賃貸の営業をしてる時、物件を見ないで決める人が時々いた。

そして十中八九トラブルになった。

「こんなはずじゃなかった」って・・・

 

賃貸はトラブルになっても大した金額にならないけど、売買だったらとんでもないことになる。

だから絶対に現地に足を運んで物件を見るように!

 

これはもう基本中の基本だよ。

 

時々「都心だったら見ないで決めてもOK」とか言ってる人がいて、背筋が寒くなる。

一度も物件を見に行かないで大丈夫なの? 

Googleマップだけで判断して大丈夫? 

 

営業マンだって人間だよ。

「伝え忘れること」だってあるんだよ。

 

本当に見なくていいの? 

何百万円もするものを購入するんだよ・・・

 

実際に賃貸営業していた僕からすると、不動産投資において『物件を見ないで決める』なんてことはあり得ないことなんだよね。

 

業者が作った間取り図と実際の間取りが違ってたりすることもあるくらいなのに、実物を見ないで一体どうやって良し悪しを決めるのか? 

すごく不思議。

逆に聞きたいくらいだ。

 

だいたい「洗濯機をそこに置いたらトイレの扉が開けずらくなるから」というそんな細かい理由だけでその部屋を決めない人もいるくらいだ。

 

部屋の状態をチェックするのは物件探しする人の基本。

営業マンだって見落とすこともあるし、100%知り尽くしてるわけじゃない。

 

だから必ずチェックして!

 

不動産投資で現地確認をしておきたい2つのこと

tate-maga.tateru.co

 

言うまでもないことだけど、物件選びをするときには必ずその物件を何度も見に行くように。

 

「株を買うのにいちいちその企業を見に行かないでしょ」という恐ろしいロジックで、物件を見に行かないで物件資料やグーグル・ストリート・ビューだけで決める人もいるみたいですが、それだけはやめましょう笑

 

実際に物件を見に行くと、資料やパソコンの画面上からは見えなかったものが見えてきます。

だから僕は物件を探すときに、なるべく満室物件は避けています。

部屋の中を見ないと何も判断できないもんね。

 

交通アクセスも、前面道路も、境界の状況も、近所の雰囲気も実際に行かないとわかりませんもん。