サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

立地条件が悪い物件には絶対に手を出さないように。

不動産賃貸経営をしていて何がいちばん嫌かって、『空室の発生』ほど嫌なものはないよね。

せっかく何千万円も借金して物件を購入して、恐ろしいリスクを背負ったというのに何ヵ月も空気に部屋を貸すことになるなんてことになるなんて・・・・

 

いったい何のために不動産投資なんてものをやっているのかわからなくなってしまう。

不動産投資の醍醐味は家賃収入が入ってくること。そして、その入居者のみなさんからいただく家賃が借金の返済をしてくれるところ。

 

だから僕ら不動産オーナーにとって『空室』というのはなんとしても避けなければいけないことなんだよね。

肝心かなめの家賃が入ってこなければ話にならないんだ。

 

空室を埋める・・・・実はこれ、簡単そうに見えてそう簡単なことではないんだよね。たくさんの大家さんがこの空室の発生のことで頭を悩ましている。

何と言っても日本は人口減少社会に突入した。アパートに入居するお客さんの数自体が少なくなっているんだ。そのわりにアパートはたくさんある。新築も次から次へと建築されている。

 

はっきり言って飽和状態だよ。物件は余っているんだ。

それだけに競争が激化している。だから賃貸経営って、むかしに比べてだんだん難しくなってきてるんだ。

 

むかしみたいにそんなに儲からなくなってきてる。不動産オーナーはそんな時代背景のなか、なんとか知恵をしぼってやっていかなきゃいけないんだ。

空室の発生を回避するやり方はいろいろあるよ。このブログのなかでも僕のこれまでの経験から培ったものをみなさんにご紹介させていただいている。

 

でも、それやこれやの方法論やノウハウを駆使してもダメな場合というものがあるんだ。これがいちばん厄介なパターン!

「何をやってもダメ」というのはいったいどんな物件だろう? そういう物件を選んでしまった人は何を間違ったのだろう?

 

以前、僕は不動産会社で賃貸の営業マンをしていたんだけど、そのときも「ありとあらゆる手を尽くしても一向に部屋が決まらない物件」というのはたくさんあったよ。

物件のオーナーもいつもため息ばっかり。「どうして決まらないんだ!?」と、いつも怒られてた。僕ら営業マンを怒ったからって部屋が決まるわけじゃないんだけどね・・・

 

もちろん僕らも来店したお客さんに「こういう物件、ありますよ!」と勧めてたよ。ネットにも後悔してるし、雑誌にも出してる。店頭に物件資料を貼ったりもしてる。

だけれども、一向に案内に結びつかないんだ。お客さんが見たがらないんだ。

 

お客さんが「見たくない!」と言ってるものを無理やり見せるわけにいかないもんね。もしも「見たくない!」って言ってるのに無理やりお客さんをその物件に連れていったりなんかしたら、逆に不審がられて他社に行ってしまうよ・・・・

 

さて、こういう困った物件というのは、いったい何が悪いんだろう?

答えは実にシンプル! というか、「それを言っちゃあ、おしめぇよ!」といった理由です。さて、何でしょうか? 

 

その答えは、

 

立地条件が悪い。

 

ということです。なんのひねりもありません。

これほどまでにシンプルな答えはありません!

 

いろいろな空室を埋めるための努力をしてみても全然部屋が決まらない物件というのは、お客さんが「ここに住みたくない」と判断した物件である可能性が結構あるんだよね。

そして、見にも行きたくない物件というのは、とにかく立地条件が悪い物件のパターンが多いんだ。

 

だから問い合わせも来ないし、お客さんに勧めても案内に結びつかないんだ。

先ほども申し上げたとおり、物件は余ってるんだよね。他にもたくさん物件があるのに、なんでわざわざ『立地条件』が微妙な物件を選ぶ必要がある??

 

zqだから物件選びをするときは絶対に立地条件が悪い物件に手を出したらダメなんだよ!