サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

資本主義の世の中では、「自分を納得させること」だけでは本当の意味での幸福は得られない。

富裕層が実践するお金を引き寄せる7つのマインド という記事を読んだよ。

 

limo.media

 

僕はビジネスの世界で生きてる人間なので、どうしてもお金のことを呟いてします。

そういう僕の呟きを見て、「こいつまたカネの話してる。世の中カネじゃないだろう」と思う人もいるかもしれないな。

 

僕も昔はそうだった。

でも資本主義を幸せに生きるためにはやっぱりおカネは大切なんです。笑

 

やっぱり時給800円より、時給1800円の方が幸せなのではないだろうか。

ボーナスがない会社より、ボーナスがある会社の方が幸せなのではないだろうか。

 

学校の先生は僕に『職業に貴賎はない』と言ったけど本当にそれは正しいのだろうか。

「自分を納得させること」で本当に幸福感は得られるのだろうか。

 

観念論だけで世の中は渡っていけないよね。

僕は資本主義社会に生きてるんだから・・・

 

おカネがなければ大好きな映画も観れなくなっちゃう。
金の亡者も困るけど、清貧の思想もアブナイ。

 

もちろん困ってる人には手を差し伸べるべきだと思うよ。

僕はホリエモンや竹中平蔵みたいな市場原理主義者たちは大嫌いだ。

 

だけど、それでもやっぱりお金はないよりも、あったほうがいいよね。

宗教家のような「貧しくとも、心が豊かであれば・・・」という思想も危険だと思ってるんだ。

 

まあ、バランスだよね、バランス!笑

 

本当の意味で『役に立つこと』って何だろうか? 

学生の頃はピンときていなかったけれど社会人になってだんだんそれが見えてきた。

 

僕たちは子供の頃から親や学校の先生から『勉強して、いい大学に入って、いい会社に入って、定年まで真面目に働き続けるのがいい生き方なんだ』と教え込まれる。

でも『本当の意味で役に立つこと』とは何か? 

 

僕はそれは『自分でお金を稼ぐ力を身につけること』だと思っている。

 

「砂漠では水がないと生きていけない」と言うけれど実際問題の話、僕たちの日常には砂漠で遭難することなんてない。

でも実社会に出たら、真っ先に『お金の問題』に直面するのだ。

 

『すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなる』という言葉がある。

物事というのは短絡的に近視眼的に瞬間的に判断しない方がいい。

 

じっくり腰を据えて本当に役に立つことを考えなければ、社会の荒波に流されて溺れてしまう。

 

権威者の言葉を信じるのではなく、自分の頭で考えるようにしよう!