サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

多くの人は本当の資産ではないのに、それを資産だと勘違いしている!?

みなさんは『本当の意味での資産』というものを持ってる?

本当の意味での資産だよ。 

 

本当の意味での資産とは定期的に自分のフトコロにキャッシュフローをもたらしてくれるようなもののこと。

 

たとえば家賃収入、株の配当、株主優待、副業からの収入、ビジネス(商売)からの利益、預金金利、etc・・・

こういったものは本当の意味での資産だよ!

 

逆に言うと、家とか車とか宝石とかブランド物の服とかは僕の定義で言えば本当の意味での資産ということにはならないんだよ。

これらのものを持っていたとしても自分のフトコロに定期的にキャッシュフローをもたらしてはくれないからね・・・

 

ところが世間一般的にはこういったものを『資産』と呼んだりするんだよ。

おもしろいよね!

 

 

さて、みなさんは自分のポケットにお金を入れてくれるようなもの=資産を持っているかな?

そして、持っているとしたら、それを「どれくらい」持っているだろうか?

 

マイホーム、クルマ、時計、宝石、ゴルフバッグ、大型テレビ、ブランド物の服、etc、、、、こういったものは資産ではないよ。

それらはみなさんのポケットにお金を運んできてくれない。

 

逆にみなさんのポケットからお金を取ってゆくものだよね。こういうのは資産とは言わないんだ。

 

そういったものは『負債』というんだ。自分が住んでるマイホームやマンションが収入を生み出してくれるわけじゃないもんね。

逆に、固定資産税やら修繕費やら修繕積立金やらローンやら、etc・・・・持ってるだけでフトコロからお金を奪っていってしまうよね。

 

以前の僕はこの資産と負債の違いがわかっていなかった。

たぶん多くの人がいまだにごっちゃにして捉えているんじゃないかな。

 

でも歳を重ねるごとにだんだん理解するようになっていった。そして、お金持ちのみなさんがどうしてお金持ちでい続けることができるのかについても理解できるようになったよ。

 

彼らは資産を手に入れることによってお金持ちになることができたんだよ!

つまり、彼らは自分のポケットにお金を運んでくれるものばかりを集めたから、悠々自適な生活をおくることができているんだ。

 

自分のビジネスを持つこともそうだし、家賃収入をもたらしてくれる収益物件を持つこともそうだよ。

配当金や株主優待なんかもポケットにお金を運んでくれるものだよね。

 

会社の経営者は従業員というものを雇っているけど、そういった従業員たちもポケットにお金を運んできてくれる存在だよね。

本当の意味での資産とはこういうものだよ。

 

ところが多くの人はそういうものを持っていないんだ。

多くの人は朝起きて会社に行き、夜、家にに帰ってくる生活を送っているだけ。

 

もちろん毎月25日になれる給料はもらえるけれど、会社が倒産したりリストラになったり病気や怪我をして働けなくなった瞬間、そのお金の供給は途絶えてしまうんだ・・・

 

どんなに立派なマンションでも、メルセデス・ベンツでも一銭もポケットにお金を運んできてくれないんだ。

逆にポケットからお金をどんどん取ってゆくだけなんだ。

 

負債をいくら集めてもいつまで経ってもお金持ちにはなれないよ。

お金持ちになるためには資産を手に入れなきゃいけないんだ。

 

僕が不動産投資に魅力を感じたのは『本当の資産』を手に入れることができるからなんだよね。

 

僕は毎月家賃収入を得ている。

僕のポケットには僕が保有している物件たちが稼いでくれる相当な額の家賃収入が入ってくる。

そういうものは負債ではないんだ。

 

どんなに借金を抱えていたとしても、その家賃収入からその借金を支払うことができる。

そういうものこそが『本当の資産』というものなんだよね。

 

そして、そういう自分のポケットにお金を運んでくれる本当の資産をいかにたくさん持つことができるのかによって、お金持ちになれるかどうかが決まるんだよね。