サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

ラッキーな人・最初から恵まれてる人のことを攻撃するだけで終わる人生だけは送らないように!

「むかし取った杵柄」

「親の七光り」

「誰かのコネ」

「たまたまタイミングが良かっただけ」

etc…

 

そういう言葉って誰かを揶揄したり、攻撃したりするときによく使われるよね。

でも僕はいつも疑問に思ってしまう。

 

たとえそうだとしても、それがいったい何だっていうんだ?

 

もちろん法律に触れるようなこと・公序良俗に反することはダメだ!

でもそうじゃないのだとしたら、『実力以上で大いに結構!』と僕は思っている。

 

揶揄されても、攻撃されても、現状がハッピーならそれはそれでいいんじゃね?

それとも、このままうまくいってる人のことを揶揄して、攻撃して一生過ごす方がいいかな?

 

そんなことして、自分の人生が1ミリでも良くなることあるかな?

 

多少、溜飲を下げる効果はあるかもしれないけれど、それで実際的に人生が良くなることはないよね。