サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資は「買い時」の見極めも大事だけど、「売り時」の見極めも大事!という話

不動産投資において「いつ買ったらいいのか?」も重要だけど、僕は「いつ売ったらいいのか?」も極めて重要だよね。

その売り時を逃すと、絶好の機会はもう二度とやってこないかもしれない。

 

市場にはサイクルってものがあるんだよね。

株価にも、不動産価格にも春夏秋冬がある。

波のように上下するんだ。

 

大切なことは真冬に買って、真夏に売ること!

僕は基本的にはキャピタルゲインを目的に投資はしないんだけど、そうは言っても目の前に大儲けのチャンスが転がり込んできたら、そりゃ、それに飛びつくよ!

 

でもそういうチャンスというのは滅多にやって来ないんだ。

だからそういう滅多にやって来ないものをアテにするキャピタルゲインを目的にした投資を僕は好まないんだ。

 

個人・法人問わず、僕はこれまで何棟も売却してきたけど、結果的にその売却益があったおかげで飛行機でいうところの『自動操縦』に切り替えることができたと思っている。

 

つまり今の僕の安定は、市場の波にうまく乗り、絶好のタイミングで売り抜くことができたおかげなんだ。

 

もちろんパフォーマンスのいい物件は売る必要はないよ。

でもそこそこの物件だったら(保有していてもそれほど大きなキャッシュフローをもたらしてくれないような物件だったら)、『売れるときに売れ!』というのが僕のスタンスです。

 

特にここ数年の不動産バブルはスゴかった!

目ん玉が飛び出るような価格で売れた・・・

 

逆に言えば、それだけの値段で買った人がいるということ。

それを考えると恐ろしくなる。

 

とても正気の沙汰とは思えないよ・・・

 

僕が「パフォーマンスが悪いな」と思って売却した物件を、喜び勇んで購入していった人がいるんだ。

今、日本の不動産を取り巻く現状はそんなふうになっているんだよ。

 

みんなバブルに浮かれて、冷静さを失っているんだ、、、