サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「キャピタルゲインで儲けよう・・・」なんて、僕たちのような投資の素人は考えないほうがいいと思うよ!

はっきり言って僕は今、流行ってるような投資法が好きではないです。

投資信託をドルコスト平均法で買って、毎月積み立てていって、20年後30年後のキャピタルゲインを狙うという投資法ね・・・

 

よくマネー雑誌で取り上げられているよね。

ベストセラー本もたくさん出てるよね。

Twitterでもこの投資法の話題で持ちきりだよね。

 

でも僕はこのやり方を好まないんだ。

好まないし、非常にキケンな投資法だとも思ってるよ。

 

あまりにもやってる人が多いから、なんとなく「いい投資法なんだろう」と思ってる人は多いみたいだけど。

とんでもない話だと思うよ。

美しいバラにはトゲがあるんだよ。

 

こういう流行りものに飛びつく人たちというのはいつの時代にもある一定数の割合で存在したんだよ。

いつの時代も市場が高騰しているあいだはドンチャン騒ぎ。

市場が暴落したら夢から目覚める・・・・ということをくりかえしている人たち。

 

 

それが人間のサガってやつなのかもしれないね・・・

 

僕はインカムゲイン(キャッシュフロー)を目的に投資するタイプの人間です。

20年後だろうが、30年後だろうが、あるいは2分後だろうが、3分後だろうが、とにかく値上がり益(キャピタルゲイン)を狙うような投資には一切興味がありません。

 

保有しているあいだに(狙ったわけではないけれど)、たまたま20%も30%も価格が上昇しちゃった!という場合は売却することもあるよ。

でも、そんなことを狙ったり期待したりなんかはしていないよ。

 

この話は、特に結婚してる人は聞いてほしい。

奥さんの悲しい顔、見たくないでしょ?

 

20年後に資産が3倍になってるから!」なんて言ったって、奥さんは納得しないよ。

それはギャンブラーがよく口にする言葉だよね。

 

「あと少しで状況は変わるから」

「こうなったら、ラクできるから」

「それまでの辛抱だから」

etc・・・

 

これってものすごくストレスのかかる投資法だと思うよ。

人間は20年も30年も過酷なストレスに耐えられるほど強くないんだよ・・・

 

100歩譲って、たとえ20年、30年耐えて耐えて耐えて、それで資産が膨らんだとしよっか。

でも、その間のストレスを差し引いたら、幸福感はそれほど得られないんじゃないかな??

 

その点、家賃収入や配当金や株主優待といったインカムゲインはいいですよ!

 

ある一定の期間が来たら、ポケットにお金が入ってきますから。

これで奥さんもニコニコ!

 

投資に対する拒絶反応もなくなり、余ったお金を再投資の資金に充てても、きっとそれを許してくれるでしょう。 

再投資にまわす資金があるって、とても大事なこと。

それが勝負の行方を左右すると言ってもいい。

 

よっぽどトレードがうまい人ならいいかもしれないけど、普通の人が短期トレードなんかやったって、十中八九うまくいかないよ。