サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『マイ・インターン』を観て思ったこと

 

マイ・インターン [DVD]

マイ・インターン [DVD]

 

 

いや~、サイコーに素晴らしい映画だった!

テンポも良くて飽きも来ずに一気に観ちゃった。

 

よくありがちな都会的なバリキャリ女性を批判した内容になってないところが良かった。

全然説教くさくなく、穏やかに若い人たちを見つめる「落ち着いた視点」がすごく良かった

 

若い人のことを批判したり説教したりする老人って結構いる。だけどベンのように『自分とは違う感性だけど若者の良いところはきちんと認める』という落ち着きってすごく大事だ。

 

デニーロだから説得力ある。

だって彼自身が旧世代に反抗したカウンターカルチャーの代表だったからね。

 

高齢化が問題視されてるけど、老人が求めているのは「お金」じゃないんだよね。

『生きがい』だよ!

この映画はヒントを提示してくれてると思う。

 

「人のために役に立つこと」ってお金じゃないんだよ。

もうガツガツした時期は通り過ぎたんだよ。

生きがいが欲しいんだよね。

 

『正しいときに 正しいことをする』

この言葉、すごく胸に刺さった。

これは投資、仕事、恋愛____いろんなことに役に立つ言葉だ。

 

そのためには普段からきちんと準備しておかなければならない。

ベンはだからいつもあんなに身なりもキチッとして、部屋も片付いているんだと思った。

 

あのデニーロがこういう穏やかな紳士役を演じたことにまず驚いた! 

だってあのデニーロだよ! 

『タクシー・ドライバー』とかの。

 

でも違和感まったくなかった。

すごく似合ってた。

 

デニーロ特有のあの威圧感とか緊張感みたいなものは微塵も感じさせなかった。

すごい役者だなぁ・・・