サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

分散投資はおそらくピンチのときに僕らを守ってはくれないだろう。

投資アドバイザーとか、ファイナンシャル・プランナーとか、経済アナリストとよばれている投資のスペシャリストたちは、もちろんものすごく頭のいい人たちだよ。

 

だから彼らのお金に関するアドバイスだって、そんなに的外れなものではないはずなんだ。それは平均的な人にとっては非常にいいアドバイスなのかもしれない。

 

分散された投資信託を積み立て方式で少しずつ買い増していって、

20年も30年も長期保有しつづけ、引退する頃のキャピタルゲインを期待する・・・・

 

 

多くの投資のスペシャリストたちが推奨するこのやり方は普通の投資家にとってはとてもいいアドバイスなのかもしれない。

 

もちろん普通の投資家というのは、僕みたいな投資からのリターンで家族を養っていかなければいけないわけじゃない。だから投資からのリターンは『そこそこ』でいいと思ってる。

 

そういう人にとっては上のやり方は魅力的に映るはずだよ。なんと言っても「分散」されてるし、「長期」で保有するわけだから、なんとなく安全に思えるよね。パッと見は引退後に向けた完璧なプランのように映ると思う。

 

だけど、このやり方の問題点は僕みたいに投資から大きなリターンは期待できないということなんだよね・・・

なぜなら、このやり方は「極力リスクを背負わないようなプラン」になってるからなんだよ。

 

リスクなきところに飛躍なし!

リスクを積極的に背負いこもうとしない人のところに大きなリターンがもたらされるはずないじゃん。安全第一に、間違いをおかさないように、失敗しないように・・・・ってビクビクしてる経営者がビル・ゲイツとかスティーブ・ジョブズみたいになれると思う?

 

もしもみなさんが僕みたいに投資からそれなりに大きなリターンを得たいと考えているのならば、それなりの『リスク』というものを背負わなきゃいけないんだよね。

 

僕は数億円にものぼる多額のお金を銀行から借りた。要するに借金をしたわけだね。この借金を背負ったことが僕にとってのリスクだね。

 

でも僕はその多額の借金を背負ったおかげで大きなリターンを得ることができたんだ。僕が毎月、それなりの家賃収入を得ているのは僕がたくさんの借金をしたからなんだ。思いきって大きなリスクを背負ったからなんだ。

 

もしも安全第一に、リスクを嫌ってばかりいたら、僕はいまだに暗〜い顔をしてサラリーマンを続けていたと思うよ。僕の人生はリスクを背負ったことで好転したんだ。僕は借金をしたことによって救済されたんだよ!

 

投資のプロたちは「貯蓄をすること」や「借金をしないこと」、そして「分散投資をすること」や「長期保有すること」などを絶対正しいことなんだと信じて疑っていないようだね。

 

それらのアドバイスは今みたいに株価が高いときはとても魅力的なアドバイスかもしれない。だからこんなにたくさんの人がその投資法に群がっている。

iDeCoとかNISAとか、つみたてNISAといった制度も後押ししているし、ね。

 

だけど、僕はひとたび世界経済が暗転したとき、この投資法に乗っかった人たちは悪夢を見ることになると思ってるよ。

市場というのは常にサイクルをくりかえすんだ。ずっと夏のままというわけにはいかないんだよ。いつかは秋になり、やがて冬の季節がやってくるんだ・・・・

 

今、投資のプロたちがしきりに普通の投資家たちにアドバイスしているこの投資法は、冬の寒さに耐えられるように設計されてないんだ。残念ながら・・・

 

不思議なことに、極寒の冬がやって来たら分散の効果も消えてなくなってしまうんだ。いざ!というときのための分散投資だったはずなのに、肝心かなめのいざ!というときに役に立たない。

分散投資はおそらくピンチのときに僕らを守ってくれないと思うよ。それは今はピンとこない。なんと言っても、今は常夏の状態だからね。

 

常夏のハワイのビーチでくつろいでいる人に、もう少しでこのビーチは「極寒のシベリアになるぞ!」って警告しても、おそらくピンとこないよね?

 

そして僕は猛烈な寒波は、そう遠くない未来にやってくると思ってるんだ・・・