サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

いろんな人がいて、凸凹があるから人生はおもしろい!

社会っていろんな人がいるからまわってゆくと思っています。

そこにはいろんな国の人がいて、LGBTの人がいて、お金持ちがいて、貧しい人がいる

凸凹があるから人生っておもしろい。

 

何もない、何も起こらない、昨日と今日と明日がずっと同じ・・・

そんな人生、いやだな。

 

スイスイいくだけの人生なんてつまらないよ。

何かに挑戦することもなく、最短距離ばかり目指していると、“気がついたら死んでた”なんてことにもなりかねない。

 

「どうしよう」「大変なことになった」というピンチにぶつかったり、それを切り抜けたりすることによって人ははじめて成長するんだよね。

 

映画もさ、いつもいつも素晴らしい映画ばかりじゃなくて、時には「なんだこれは!」と憤慨するような映画と出会ってもいいのさ。

 

そういうダメな映画に触れることってものすごく大切なことだと思う。

そういう映画からも学ぶことはたくさんあるよね。

 

『清濁併せ吞む』っていう言葉があるけど、いろんな人がいて社会が成り立っているように、自分の人生にもいいことも悪いこともあったほうがいいと思う。

そのほうがエキサイティングだし、人間としても成長できる。

 

みなさんのまわりにもいませんか?

高学歴で、スムーズに大企業とか官庁とかに入って、スイスイと上にのぼっていったけど、『人間としての深み』みたいなものがまったくないような人。

 

肩書きはご立派だし、年収も高いんだけど、なんか薄っぺらい人。

話をしていても面白みみたいなものがまったくない人。

目に魂がこもってなくて、無表情で、死んだ魚のような目をしているような人。

 

いるでしょ?

僕はそういう人にはなりたくないなぁ・・・

 

生きていると、『にっちもさっちもいかなくて煮詰まること』ってあると思う。

そういう時は外に飛び出すチャンスだ。

 

自分が知らぬ間に築き上げた「常識」「固定観念」「自分のお城」をぶっ壊して、そのワクから外へ出てみよう。

ちょっとだけ思考のワクを飛び出してみると、世界は全然違って見えてくる。

 

「二進も三進もいかない」ということは、『そこにいても進まないよ』という警告サイン。

その場にい続けても良いことにはないということ。

 

あなたの心は知らせようとしている。

 

ワクの外に行くのは勇気がいるかもしれない。

でも実際に動いてみたら「こっちが正解だった!」ということがわかると思うよ。