サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜ投資アドバイザーたちは不動産投資を目の敵にするのか?について

投資や資産運用のアドバイザーと呼ばれる人たちの話を鵜呑みにしていたら、大変なことになる・・・・と僕は思っているよ。

 

 「喉元過ぎれば熱さを忘れる」という言葉があるけれど、みんなリーマン・ショックのことをすっかり忘れてしまっているんだよ。アメリカにしろ、日本にしろ、あまりにも目先の株価が絶好調すぎるせいで大切なことを見失ってしまっているんだ・・・

 

言っとくけど、投資信託という金融商品はここ数年に誕生したものじゃないんだ。リーマン・ショックの頃にももちろんあったし、バブル崩壊の頃もあった。

そして、投信会社や証券会社と結託して、投資信託を投資の素人にススメていた「アドバイザー」とか「コンサルタント」と呼ばれる怪しげな人たちというのもここ数年登場してきたわけじゃないんだ。

 

リーマン・ショックの頃にももちろんたくさんいたよ。それで危険極まりない投資信託を普通の人々に売りまくって手数料を荒稼ぎしていたんだ。みんなそのことをすっかり忘れてしまっているんだよ・・・

 

それからマス・メディアの人たちにも要注意だよ。

テレビ、新聞、ラジオ、雑誌、そしてSNS、etc・・・・金融業界とつながってるマス・メディアの人たちってゴマンといるんだよ。彼らもやっぱり投資信託を猛プッシュしている。

 

彼らが目の敵にしているのは僕がやってるような不動産投資だ。そりゃそうさ。人々のマネーが金融の世界ではなく、不動産の世界に流れていったら大変だもんね。彼らの飯のタネがなくなってしまう・・・

 

だから彼らは不動産投資のことを執拗に攻撃する。不動産は借金をして手に入れるものだから危険だ、とか。人口減少社会だから不動産投資はオワコンだ、とか。いろいろね・・・

 

そういえば、『ガイアの夜明け』でもくりかえし不動産投資の危険性についての特集が組まれていたよね。投資信託の危険性については一切、特集されてないけど・・・

そういえば、『ガイアの夜明け』って日経新聞がスポンサーになってなかったっけ? 日経ねぇ…

 

投資アドバイザーの多くは不動産投資を槍玉に挙げるけど、僕は2010年の暮れに専業の大家さんとして法人成りをして今日まで不動産からの「あがり」でメシを食ってきたよ。

彼らは「借金は危険だ!」って言うけれど、借金をすればするほど僕の資産は増えていき、僕のフトコロにはたくさんのキャッシュフローがもたらされた。

 

簡単な話、借金をすればするほど僕は豊かになっていったんだよ! 

もしもあのとき借金をしていなかったら、現在のこの自由と幸せは手に入っていなかった。僕がこんなに毎日ハッピーなのは銀行からいっぱい借金をして、キャッシュフローをもたらしてくれる不動産を取得したからなんだよ。

 

もしも、まとまったお金ができたら、僕はそれを頭金にしてまた新たな借金をすると思う。そして、僕にさらなるキャッシュフローをもたらしてくれるいい物件を取得すると思う。

 

このやり方は投資アドバイザーのみなさんがススメるやり方とは正反対のものだよね。

彼らは「まとまったカネができたら、投資信託を買え!」と多くの人にススメている。『分散の効いた投資信託を積み立て方式で買って、それをずっと保有し続けて、30年後の値上がり益を期待しろ!』とアドバイスしている。

「不動産なんかに投資するな。それよりも投資信託のほうが安全だ!」と主張する。

 

投資アドバイザーや投資コンサルタントの人がどんなに投資信託がリスクの少ない資産だと思っていたとしても、銀行の考え方は違うんだよね。銀行は投資信託の購入資金にはビタ一文、お金を出そうとしないんだよ。

 

それがどんなに将来有望なファンドだとしても、銀行は「投資信託を購入したいので3,000万円貸してください」と言っても、お金を融資してくれないよ。でも、不動産への投資だったら融資するんだ。

それはなぜか?

 

銀行は投資信託が不動産よりもキケンだと思っているからだよ。投資アドバイザーの人たちの言ってることと正反対だね。彼らは「不動産投資はキケン極まりないものだ。それに比べて投資信託は安全だ!」と言ってるわけだからね。

 

おもしろいよね。