サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人間はもっと純粋に自分の好きなことを追求しつづけてもいいんじゃないだろうか。

 

ddnavi.com

 

よく仕事を選ぶっていうけど、仕事って選ぶものじゃなくて自然と引き寄せられるものじゃないかな。 

 

僕が不動産業界に行くことになったのは僕が選んだというよりも『呼ばれた』といった感覚の方が強い。

少なくとも最初から「不動産の世界に行こう」なんて思ってなかったよ。

 

引き寄せの法則って確実にある。 

恋愛にしても、仕事にしてもさ。

 

「そのときの自分」に必要なことが引き寄せられてくる。

だから自分の状態を良いものにしておけば、必ずいいものが引き寄せられてくる。

 

もしも悪いことが起こったのなら、それは自分の状態があまりよろしくないと思った方がいいよ。

 

 

『桐島、部活やめるってよ』っていう映画は単なる青春映画じゃない。

あの作品のなかには人生で重要な要素みたいなものがたくさん散りばめられているよね。

  

 

宏樹「なんのための映画撮ってるの?」

 

前田「俺たちが好きな映画と、今自分たちが撮ってる映画がつながってような気がしてさ

 

 

 

『桐島、部活やめるってよ』におけるこの2人の何気ない会話の中に、僕は人生で最も重要なことが集約されていると思っている。

 

『自分が好きなことをやる』って意味とか結果とかよりも重要なこと。

 

それをやることに意味はあるのか

それをやると儲かるのか

それをやると人から賞賛されるのか

それをやると女にモテるのか

 

それって本当に重要?

 

ただひたすら自分の好きなことをやっていちゃいけなんだろうか。

たとえそれが意味がなくても、儲からなくても、人から賞賛されなくても、持てなくても

 

養老孟司先生の講演を聞きに行ったことがあるんだけど、そこで先生は何度も、『現代人たちが意識の世界に囚われすぎている』と警鐘を鳴らしていた。

 

人間はもっと自然体だった

無邪気だった

自由だった

 

ただ純粋に自分の好きなことをやろう。

結果とか評価とか点数とか金額とかなんて気にせずに!

 

バカの壁 (新潮新書)

バカの壁 (新潮新書)

 
遺言。 (新潮新書)

遺言。 (新潮新書)

 

 

 

僕はこの世に『苦しみ』に来たんじゃなくて、『楽しみ』に来たんだと思ってる。

楽しむために生まれて来たんだと思ってる。

 

もっと言うと、「遊び」に来たんだと思ってる。

だから目一杯好きなことやって、遊んでから帰ろうと思ってる。

 

「こうだったらオレはこんなに風になれたのに」という考え方はよそう。

あるがままの自分を受け入れよう。

そうすると少しだけ自信が湧いてくる。

 

うちの猫は普通の野良猫だけど、きっと「あー、アメリカンショートヘアだったら良かったのに」なんて考えてないはずだ。

だから毎日とても幸せそうだよ。