サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

賃貸経営をする際にどんな管理会社と管理契約を結んだほうがいいのかについて

物件の管理を頼む管理会社は、やっぱりしっかりしたところと契約を結んだ方がいいと思う。

 

 

僕が勤めていた不動産会社は免許番号が『10』を超える昔からやってるそこそこの大きさの会社だった。

 

一つの目安はこの免許番号。

一目瞭然、単純明快。

 

数字が多ければ多いほど「長く続いてる」ってことです。

 

ただ、免許番号は多くてても、おじいちゃんと奥さんの2人だけの会社とかは微妙かも。

管理契約を結んでも小さすぎるからリーシングが弱いかも・・・

 

 

逆に、ド派手な店舗を構えて、茶髪の若い兄ちゃんをいっぱい雇ってイケイケでやってる会社もある。

そういうところも結構テキトー&いい加減だから、管理契約を結ぶのは避けたほうがいいかもしれないなぁ・・・

 

管理会社は賃貸部門や売買部門とは別にやっぱりきちんと独自の『管理部門』がある、「ある程度大きいところ」の方がいいと思う。

ある程度、大所帯でさ。

結構手広くやってる地元ではそこそこ大きい不動産会社って、どこにでもあるはずなんだよね。

 

そういうところと管理契約を結んだほうがいいんじゃないかなと思う。

 

スタッフ5人くらいしかいなくて、全員が何でもやるような不動産業者も多いと思うけど、そういうところってリーシングの面でもマネジメントの面でもちょっと弱いんだよね。

 

それから、かつて行政処分とか指導とかを受けた業者かどうかをチェックできるサイトがあるよ!

それがこの『国土交通省ネガティブ情報等検索サイト』というもの。

すごいタイトルだね。

 

まあ、こういうところに載る不動産業者はよっぽどだと思うけど、気になるならチェックしてみて!

 

 

国土交通省ネガティブ情報等検索システム

 

 

もしも不動産会社に管理を任せるのであれば「ここの会社は管理部門を独自で持っているのだろうか」というところに注目して会社を選ぶようにしましょう。

しっかりした会社ほどきちんと「管理部門」を持っているものです。

 

自主管理の場合は別だが、通常は物件の管理会社にお任せする。

ここで需要なのはその頼む会社が仲介業務、管理業務の両方をやってる会社なのか?ということ。

 

物件管理はしっかりしてるけどリーシングが弱かったり、その逆だったりしたらダメだ。

どっちもきっちりやってくれるところと管理契約を結ぼう。

 

管理会社選びは不動産投資で最も重要なこと。

しっかりリサーチして「ここなら絶対大丈夫」というところと契約しよう。

 

個人的には全国規模のフランチャイズに入ってる地元の大手の会社がいいと思う。

やっぱりお客さんを集めないと話にならない。

 

小さいところは良心的かもしれないけれど、ちょっと弱い

 

不動産会社にとって、最も大事な仕事は「管理」の仕事です。

賃貸や売買も大事だけど、毎月固定で手数料が入ってくる管理の部門がいちばん安定して儲かるのです。

 

だからきちんとした不動産会社ほどしっかりとした「管理部門」を持っているものです。