サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

銀行は不動産オーナーにとって資産を手に入れるお手伝いをしてくれるのと同時に、儲けさせてもくれるありがたい存在

『レバレッジ』とは「テコの原理」によく例えられるんだけど、小さな力で大きなものを動かすことができることを言う。

不動産投資におけるレバレッジとは、なんといっても『銀行借入』を利用することができる、ということだよね。

 

不動産は何千万円もする高額なもの。

そんな大金、現金でポンっと買物できる人なんてほんの一部のお金持ちだけ。

 

だけど、僕らみたいな普通の人でも、この銀行借入というものを利用すればその大きな資産を手に入れることができるんだ。

しかもその際にこちらが用意するお金はほんのわずだけで・・・

 

この銀行借入のおかげで、僕たちは不動産オーナーはとんでもなく大きな資産を手に入れることができるんだよね。これをレバレッジと言わずして何をレバレッジというのだろう!

この銀行から借りたお金というのは、僕が用意したお金ではないよね。当たり前だけどね。

 

僕のお金ではないってことは、それは『人のお金』ってことになる。つまり、不動産投資というのは、『人のお金』を利用して儲けることができるという世にも不思議な投資ビジネスということになるんだ。

 

僕ら不動産オーナーは自分のお金ではなく、人のお金で儲けさせてもらっているんだよ。それがいかにすごいことかわかってもらえるだろうか?

 

株式投資ではほとんど自分のお金で勝負しなきゃいけないよね。銀行に行って、「すいません。アップルの株を5,000万円分ほしいので、5,000万円貸してください」と言って、融資してくれると思う? してくれないよね!笑

ところが、不動産投資の場合は話が変わってくるんだ。

 

銀行は僕らが高額な物件を手に入れるお手伝いをしてくれるのと同時に、僕らに儲けさせてもくれるんだよ。僕らにとって銀行とはそんなとても『ありがたい存在』なんだよ!

 

銀行借入をする際に用意する自己資金はせいぜい物件価格の1割~2割程度。残りは全部、銀行が用意してくれるんだ。

 

たとえば、3,000万円の中古のアパートを一棟手に入れる際に僕が用意するのはせいぜい300万円程度でいいんだ。

残りの2,700万円は銀行が用意してくれる。そしてそのアパートにきちんと入居してくれる人がいれば、僕は彼らからキャッシュフローを手にすることができる。至れり尽くせりとはこのことを言うんじゃないだろうか!

 

自分が住むためのマイホームに対しても銀行はお金を融資するけれど、そういったマイホームというのは一銭も儲からないよね。ところが僕が取得するのは収益物件。

だから僕は毎月そこから家賃収入を得ることができて、その家賃収入のおかげでサラリーマンを辞めることもできたし、家族を養うこともできている。

 

僕に自由と幸せをもたらしてくれたのは『銀行』なんだよ。僕が「自分のお金」ではなくて、「他人のお金」を利用したからなんだよ。この2つの違いをわかってもらえるだろうか?

それがレバレッジのパワーなんだよ。

 

健全な賃貸経営さえしていれば、借金の返済はどんどん進んでいきます。ということは、月日が経って返済が進めば進むほど僕の資産はどんどん膨らんでゆくということでもあるんだよ。

そして、借金を返し終わったら資産はまるまる残る事になる。そういったことを可能にするのも、レバレッジのパワーのおかげなんだよ。

 

しかもその借金を返済したのは僕じゃないんだ。確かに書面上は僕の名前が出てきてはいるけれど、僕はその借金を返済するために何かしたわけではないんだ。汗水垂らして働いたわけではない。

 

じゃあ、誰が僕の代わりに借金を返済してくれたのか? 僕のアパートに入居してくれている、入居者のみなさんだよ! 僕は何もしていない。実際的には僕はその借金の返済には関与していない。僕の労働力はほとんど使われていない・・・

 

しかも、僕のお金はほとんど使われていない。せいぜい1割〜2割程度しか僕のお金は入っていない。あとは銀行が用意してくれたお金でまかなわれている。

自分はほとんどお金を用意せず、実質的には借金も返済せず、労力もほとんどかけていないのに大きなキャッシュフローを手にして、最終的には巨大な資産まで手に入っちゃう!

 

これがいかにすごいことか、わかってもらえるだろうか? よく考えたら、これってすごいことだと思いませんか?