サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

いろんなものを抱え込みすぎると、人生は「用事を足すだけのもの」になってしまうよ・・・

広すぎる家、使わないモノ、無意味な人間関係、つきあい、しがらみ、etc・・・・

そういうものを過剰に抱えると、どうしてもフットワークが重くなるし、やらなきゃいけないことも増えちゃうよね。

 

そうすると、人生が「用事を足すだけのもの」になっていってしまう。

僕はそういう『自分の自由な時間を阻むもの』をいちばん恐れているんだよね。

 

僕は自分の人生にだけ集中していたい。

だから極力、生活をシンプルなものにしたいんだ。

 

自分の好きなことだけやって、それ以外のことはなるべくやりたくない。

それが僕にとっての最高の贅沢なんだよね。

 

もちろん、そういうシンプルな生活をおくることってそんなに簡単なことじゃないよ。

僕はサラリーマンだったからよくわかる。

 

僕みたいにサラリーマンの世界からドロップアウトできる人なんて限られてると思う。

それでもチャレンジしてみる価値はあると思うし、別にシンプルライフを志すことってサラリーマンをやりながらでもできると思うしね。

 

僕は『極端』なことを言い出す癖があるんだよ。笑

いつも奥さんに注意されてる・・・

 

でも、いろんなしがらみから抜け出して、本当の意味でシンプルに生きようと思ったら、ある程度の『孤独』は覚悟しておいたほうがいいと思うよ。

なんといっても、人と違う生き方をするわけなんだからね。

 

孤独にならざるを得ない選択をすることになる・・・

 

僕がここで言ってる「孤独になる」というのは、他者との関係を断って「ひきこもる」という意味ではないんだ。

自己を磨くということ。

 

自分磨きをしている人はやがてきちんと自立することができるようになると思う。

誰かに依存したり、会社や政府に頼らなくても平気でいられるようになる。

 

それは本当の意味での『自信』につながると思うな。