サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「一生懸命働けば幸せになれる。」という言葉には十分注意しよう!

一生懸命働けば幸せになれる。

 

この教えに従ったがために長時間労働に苦しみ、ストレスをため込み、心の病になってしまう人が大勢いるよね。

 

 

世の中は十分豊かになった。

でも、それと引き換えに大切な何かを犠牲にしているような気がするな。

 

『忙』という言葉は「心が亡くなる」と書くことを忘れてはいけないよね。

 

僕は『自由な時間』という最高の贅沢を手に入れた。

僕にとって何よりも重要なことは、『自由な時間』を得ることなんだよね。

 

それが僕にとっての最高の贅沢!

 

だから僕はなるべく質素な暮らしを心がけているんだ。

どんなにビジネスで儲かったとしても、身の丈に合わないような暮らしはしたくないと思ってる。

 

いろんなもの増え過ぎると、だんだん息苦しくなってゆくよね。

単純に用事が増える。

そして、それに時間を割かれてしまう。

 

気がつくと、人生はその用事を片づけるためだけのものになっていってしまう・・・

そこは十分気をつけなきゃいけないよ。

 

そうなったら、僕にとっていちばん大切な『自由な時間』が失われていってしまうんだ。

 

僕はその『自由な時間』を得るために会社を辞めたし、不動産投資をはじめたんだよね。

もちろん、それはリスキーな選択だったよ。

 

たくさんの人が失敗している。

僕だって失敗する可能性は十分にあった。

 

だけど、僕の場合はラッキーなことに何とか切り抜けることができた。

おかげさまで法人成りもして、その法人は今年で10期目に突入したよ!

 

でも僕みたいな選択をする人はほとんどいないよね。

 

うまくいったらストレスフリーな生活がおくれるのに。

うまくいったら自由な時間がたっぷりあるのに。

 

なぜ多くの人はその道を選択しないのか?

なぜストレスいっぱいの窮屈な道のほうばかりを選択するのか?

 

そこにあるのは、『みんながそうしてるから』という感覚なんじゃないかな。

何と言っても、日本は『和を以て貴しとなす』の国だからね。

 

みんなと違う行動を取るのが怖いんだよ。

出る杭になるのが嫌なんだよ。

みんな孤独になりたくないんだよ・・・

 

だから多くの人はずっと会社のために働きつづけることになる。

福利厚生のしっかりしたホワイトな大企業に就職できた人はラッキーだよ。

でも、そうでなかった場合は・・・

もしもブラック企業に勤めざるを得なかった場合は・・・

 

仕事のことで悩んでる人って多いよね。

『起業は危険』『商売は失敗することが多い』『会社員は安定している』etc・・・・それもわかる。

 

でもね、そこにとどまり続けている限り、やっぱり今、抱えている問題は解決しないんだよね。

自由も手に入らないし、ストレスからも解放されないし、将来は不安だし、お金だってどうなるかわからない・・・

 

 

一生懸命働けば幸せになれる。

 

 

という言葉には十分気をつけよう。

これは僕が子どもの頃も言われてきた言葉だし、今も言われ続けている言葉。

 

一生懸命働いて幸せになれる人もいる。

だけど、一生懸命働けば幸せになれるとは限らないんだよ。

 

残念ながら・・・