サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

人生を退屈なものにするもしないも、決めるのは自分自身!

人生を本当に良くしたいのなら、バッターボックスに立ってホームランを打つしかないのに、それすらやらない人っていっぱいいるよね。

「三振するのが怖い」って言って。

 

逆転劇を演じたいのなら、やっぱり『何か』をやらなくちゃ!

だから、いつまでも観客席にいないで、まずは打席に立てって話です。

 

 

「酒もたばこも女もやらず、百まで生きたバカがいる♪」という歌があるけど、本当にそう。

酒やたばこをやれという意味じゃないよ。

『せっかく生まれてきたんだから好きなことやろうぜ!』ってこと。

 

きちんと、ちゃんと・・・・もいいけどさ。

あれ? オレたち、真面目に生きるために生きてるんだったっけ?

それとも、幸せになるために生きてるんだったっけ?

 

 

失敗するかどうかはやってみなければわからないのに、やる前から「そんなことしたら大変なことになるよ」というのは『口うるさい親』と同じ。

 

何かに挑戦しようとする人の足を引っ張ろうとする人がいる。

そういう人に出会ったら、『それはその人の問題。私の問題ではない』と自分に言い聞かせよう。

 

 

ほとんどの人はとても真面目で、勤勉で、従順な人々だ。

だけど、その真面目さと、勤勉さと、従順さがアダとなることがある。

 

もう少し俯瞰した目で世の中を見て考えてみよう!

 

本当の幸せとは何か?

自分だけ人と違う道を進むことはそんなにダメなことか?

みんなと足並みを揃えなければならないか?

 

いのち短し恋せよ少女。

人生は退屈しのぎのためにあるんじゃない。

 

人生を退屈なものにするか、エキサイティングなものにするかを決めるのは自分自身何だよね!

 

資本主義は次から次へと甘い誘い文句でフトコロからお金を巻き上げようとする。

 

その罠にまんまとハマり、消費社会に毒され、「隣の芝生」を眺めて世間と足並みを揃えなければならないと思いはじめたら、危険信号だよ!

 

その足並みのために朝から晩まで会社のために人生を捧げることになってしまう

 

ほとんどの人はとても真面目で、勤勉で、従順な人々だ。

だけど、その真面目さと、勤勉さと、従順さがアダとなることがある。

もう少し俯瞰した目で世の中を見て考えてみよう!

 

本当の幸せとは何か?

自分だけ人と違う道を進むことはそんなにダメなことか?

本当にみんなと足並みを揃えなければならないのか?

 

孤独な道はツライかもしれないけれど、「みんなのあとをついていったら、とんでもない場所に来てしまった」ということも往往にしてあるよ。

 

バカにされてもいい。笑われてもいい。

低く見らてもいい。

頭が悪いと思われてもいい。

 

僕は常に「夢を見続けるひと」でいたい。

人生に『現実』しかないなんて、とても耐えられない・・・