サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資で成功したかったら、「みんなと違うことを考える」ってことを実践してみよう!

『人の行く裏に道あり花の山』という有名な言葉がある。

「友なき方へ行くべし」「相場師は孤独を愛す」という言葉もある。

これ、不動産投資にも当てはまる。

 

素人サラリーマン大家さんが殺到してる時期は、静観するに限る。

みんなが『都会』に目を向けてるときこそ、『地方に勝機あり』だ!

 

もちろん地方や田舎ならどこでもいいわけじゃない。

ちゃんと賃貸ニーズのあるところを選ばなければならない。

 

でも客付けできる穴場の物件を激安で手に入れることができれば、ほぼ失敗はない。

 

「安い家賃の物件に住みたい!」というニーズは確実にある。

とくに疲弊している地方なら、なおさらね!

 

 

みんな逆のことを考えているんだよ。

 

・都会でなきゃダメ

・ターゲットは高属性の人

・物件のグレードは高い方がいい

・高い家賃で募集した方がいい

 

そういうやり方もあるけど、東京とかだと物件価格が高すぎて合わないんだ。

商売として成り立たない。

 

それなら無理してやらない方がいいよ。笑

 

 

東京で5,000万円の物件っていえば、ちょっと良さげな区分所有とか、小ロットなアパートってカンジになっちゃうんじゃない?

その利回りは果たしてどのくらいだろう?

 

でも地方だったら下手したら時期によっては1LDK18部屋、広い土地、利回り15%!というのが出るかもしれないよ。

 

建物は古いけどね。笑

 

僕もむかし、3点ユニットの物件を所有していたよ。

立地がすごく良かったから、入居率はとても高かった。

 

世の中には「3点ユニットかどうかなんて気にしない」「それより安い家賃のところに住みたい」と考える層が確実に存在しているんだよ。

 

でも、そういう層が確実に存在していることを、すっぽり忘れ去られているんだよ。