サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

『頑張る』って、気をつけなきゃいけないワードだよね。

頑張らないと嫌われる。

頑張らないと価値がないと思われる。

だから頑張る・・・

 

僕たちは「頑張ることこそが正しいことなのだ」と教え込まれ、そのとおりにしてきた。

だけど、不動産投資というものと出会い、僕はその考え方に疑問を抱くようになったよ。

 

なぜなら僕の知ってるうまくいってる大家さんたちはみんな、別に頑張ったから成功したわけじゃないから。

というか、そもそも商売の世界というのは、頑張れば成功するといったような世界じゃないから。

 

そういうことではない。

頑張っても頑張ってもうまくいかない人もたくさんいる・・・

 

僕はその事実を発見して驚いてしまった!

それは僕がまわりの大人たちから教え込まれてきたこととまるで正反対だった。

 

ぜんぶ自分ひとりの力で勝負しようとする人。

ぜんぶ自己資金で勝負しようとする人。

 

こういう人はきっと商売に向いてないと思う。

少なくとも、不動産投資には向いてないと思う。

 

だって不動産投資って基本的にはOPM(他人のお金)やOPP(他人の力)を利用することによって、どんどん飛躍してゆくものだから。

 

・売買の営業マンは利益をもたらす資産を見つけてきてくれる

・銀行は高額な不動産の取得費を用意してくれる

・賃貸の営業マンはお客さんを見つけてきてくれる

・入居者のみなさんは借入金、工事費、税金、保険料などを僕らの代わりに払ってくれる

 

 

これってみんな、僕の力じゃない。

僕以外の人の力を借りただけのこと。

 

とてもじゃないけど、僕にはなん億円もの物件を購入する力なんてなかったよ。

僕個人にはそんな力はない。

 

じゃあ、何が僕の代わりに購入してくれたのか?

僕の『ビジネス』が購入したんだ!

それは『僕』ではない。

 

『頑張る』って、気をつけなきゃいけないワードだよね。

これにハマって、その永遠ループから抜け出せなくなってる人、たくさんいるよね・・・

 

 

頭のいい人や、才能に恵まれてる人は『自分の能力』で勝負していけばいい。

僕にはそれがなかったから『資産』に頼るしかなかった。

 

「自分」で立ち向かえなかったから、その穴を埋めるために資産に稼いでもらうことにしたんだ。

 

世の中わからないものだよね。

『ダメ』が良い結果に結びつくこともあるんだよね。

 

どんなに貯金をしても、どんなに年収の高い仕事についても、根本的なお金の問題は解決されないんだよね。

不安はずっとついてまわるんだ。

 

自分の力には限界がある。

自分の力だけに頼るのは危険だよ。

 

でも『資産』を手に入れて、資産の力を借りれば、本当の意味での豊かさを手に入れることができるんだよね。 

 

頑張り屋さんの人は誰の力も借りようとせず、何でも『自力』で物事を解決しようとする。

親からも「人に頼るな」と厳しく言われて育った。

 

だから一生懸命、頑張ってきた。

でも自分にばっかり頼っていると、いつか限界が来る。

 

もっと人に頼ろうよ。

もっと人に甘えてもいいんだよ。