サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

 みなさんにはあとどれくらいの時間が残されているだろう。

これまでの人生で失ったお金はやり方しだいでいくらでも取り戻すことができるよね。

でも、『失った時間』はもう二度と取り戻すことができない・・・

 

 みなさんにはあとどれくらいの時間が残されているだろう。

その限られた時間をどう使うか?にもっと神経を配ったほうがイイんじゃないかな。

 

僕は37歳くらいのときに脱サラ起業したんだけど、あれから10年近く経って「僕の決断は間違ってなかった!」と心の底から思ってるいるよ。

 

確かにサラリーマンとしての安定や社会的地位は失った。

だけど、それと引き換えにたくさんのものを得ることができたと思ってる。

 

いちばんの僕のご褒美は、子どもや奥さんといった家族といっぱい過ごす『自由な時間』を獲得できたこと!

これは僕にとって何ものにもかえがたい喜びだよ。

 

あのままサラリーマンを続けていたら、僕は子どもの成長を見届けることができなかった。

だいたい夜遅くに帰ってくる生活をしていたからね。

休日も仕事のことばっか気になったり、会社に休日出勤したりしていたしね・・・

 

僕が不動産投資をはじめた理由は、自由な時間がほしかったからなんだよね。

「子供っぽい」と言われようが何だろうが、僕にとって自由ってすごく大切なことだったんだ。

 

何よりも重要なことだった。

自由な時間こそが僕が求めていたことだった。

それはお金よりも重要なことだった。

 

もちろん自由な時間を得るためにはある程度のお金は必要なんだけどね。

だけど、「必要以上のお金」は必要じゃなかった。

それよりも自由な時間のほうが大切だった。

 

現代社会を生きる人たちがなぜこんなに暗く、苦しい顔をしているのか?

それは僕は自由な時間がないことだと思ってます。

 

仕事、仕事の毎日で休まる暇もない。

家族と一緒にストレス・フリーで過ごすこともできない。

そのストレスは半端ないと思う。

 

だからこんなにうつ病になる人が多いんだと思う・・・

 

僕もワーカホリックだったからわかるんだ。

仕事中毒だった。

それが僕の弱みであり、僕の悩みのタネであり、僕を自律神経失調症にまで追い詰める直接的な原因だった。

 

僕はそのことに気づかなかったんだよ・・・

一生懸命働いていれば自然の問題は解決するんだと思い込んでいた。

 

出世して、年収をアップさせれば、自分が今、抱えている問題は全部、吹き飛んでゆくと思っていた。

だけど、それは間違いだった。

 

僕が一生懸命働いていちばんハッピーな思いをするのは会社であり、社長だった。

僕ではなかった・・・

僕はそのカラクリに気づいていなかった。

 

みなさんの人生の残り時間はあとどれくらいだろう?

20年?

30年?

40年?

 

「まだまだたっぷりあるから大丈夫さ」と言ってるあいだに人間はどんどん歳をとっていってしまう。

子どもたちはどんどん大人になっていってしまう。

 

子どもたちがまだ可愛らしく、「パパ、パパ!」といって近寄ってきてくれる時間なんてあっという間なんだよ!

僕には二人の男の子がいるけど、あっという間に大きくなっていってしまったよ。

 

中学生の長男なんて、家族と一緒に行動なんかしなくなってきてるよ。笑

昔はあんなに、「パパ、パパ!」って言って近づいてきたのに・・・・

 

人生は僕らが思ってるよりもはるかに短い。

その限られたわずかな時間を有効に使ってほしい。

 

『自由な時間』というものをもう少し大切にしてほしい!

 

こんなこと言うと金の亡者みたいに思われて嫌なんだけど、お金があれば自由と時間を買うことができるのはたしかだよ。

僕は自由と時間が欲しくて不労所得を得たいと思ったんだ。

 

僕はあんまり物欲はない。

その代わり家族と過ごせる自由と時間は喉から手が出るほど欲しかった。

 

それが僕にとって最高の贅沢品なんだ。

 

 

president.jp

 

 

会社のために身を粉にして働けば、多少は出世するかもしれない。

多少は年収がUPするかもしれない。

 

だけど、人生の面白いところは『それですべての問題が解決するわけではない』ということだよね。

 

その代償として失ったものはあまりにも大きい。

そして、それは後から取り戻すことができないものなんだ・・・・

 

年収、出世、社会的地位、贅沢・・・そういうもののために犠牲にするもの。

それは恐らくそれらのものよりも高くつくだろう。

 

現実というのはこちらが想像しているよりも厳しいもの。

そんなに甘くない。

 

仕事人間になるのは構わないけど、そこに待ち受けている現実はあまりにも過酷だということは忘れないでいよう・・・