サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

「不動産は取得したときの価格よりも高く売れることがある」って僕が言っても誰も信じてくれない・・・

「不動産は買ったときの値段よりも必ず安くなる」とまことしやかに言われているよね。

でも事業用にしろ、居住用にしろ、安い時期に購入すれば高騰時に取得時以上の価格で売却できることもあるんだよ。

 

 10年保有しても買ったときより高く売り抜けることもあるんだよ。

信じてもらえないだろうけど・・・

 

僕がこの話をすると、いつも「そんなの嘘だ」「そんなことあり得ない」っていうんだけど、そんなことないんだよ。

なぜなら僕自身がここ数年のあいだに実際にそれを経験したからね。

 

実は僕は以前はもう少したくさん不動産を保有していたんだよ。

だけどここ数年の不動産価格の異常な高騰を見て、「今が千載一遇のチャンスだ!」と思っていくつかの物件を売却したんだよ。

 

そしたら、ものの見事に高く売れたんだ。

全部の物件が僕が取得したときの値段よりも高く売れたんだ。

僕はそれにより多額のキャピタルゲインを得ることができた。

 

この話を誰にしても信じてもらえないんだ。

みんな不動産を車とかと勘違いしているんだ。

買った瞬間がいちばん高くて、取得したあとはだんだんと値段が下がってゆくものだと思い込んでる・・・

 

だけど違うんだよ。

イイ時期に、グッド・タイミングで、イイ値段で取得することができれば、その取得価格よりもはるかに高い値段で売れることもあるんだよ。

 

まあ、そういう夢のような時期というのは滅多にやってこないけどね。

その滅多にやってこない夢のような時期がここ数年の日本の不動産市場におとずれていたんだ。

 

まだその余波は続いている。

だから僕はパフォーマンスがいまひとつの物件だったら、今すぐにも手放してしまったほうがイイと思ってるよ。

今を逃したら、もうチャンスは来ない。

 

こんなに異常な不動産価格の高騰時期というのは、そうそうやって来ないよ!

 

 

逆に言えば、今は取得すべき時期じゃないってことだね。

あまりにも物件価格が高すぎる・・・

 

これじゃ、商売にならないよ。

こういう時期に不動産投資に手を出してしまうと、利回りの低い物件をつかまされちゃう。

 

ものすごく危険なことだよ・・・

まあ、これをツイッターとかブログとかでいくら言っても、誰も僕の話を聞いてくれないんだけどね。

聞いてくれないから、こんなにバカみたいに不動産価格が釣り上がっていっちゃってるんだけどね。笑