サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資にはマイナスを補填してくれる『保険』という強い味方がある。

火災保険の必要性と投資としての見方 という記事を読んだよ。

 

 

www.rakumachi.jp

 

アパート経営をしてるといろいろな経験をするが、いちばん大変だったのは火事になった時だ。

でもその時、僕は『保険』というものの凄さを思い知らされることになった。

 

資産がマイナスになるのを保険が埋め合わせてくれたんだ。

よく考えたら、これはとんでもないことだ。

 

台風の時も保険に助けられた。

僕はその莫大なマイナスを(しかも、自分のふところを一切痛めることなく)補填することができた。

 

なぜ保険会社は投資信託などに対する保険を作らないんだろう。

 

市場の動きによって損失が発生したときに、そのマイナス分を補填してくれる保険がないのはなぜだろう

 

世の中的には「不動産投資は最も危険なもの」という話になっているけど、実は銀行は不動産を危険なものとは思っていない。

なぜなら、そこに『保険』(彼らにとっての)があるから。

 

火災保険、団体信用保険、ローン保証料、抵当権設定、連帯保証人・・・

その二重三重の保全が銀行の安心材料となる。

 

あ、あと、地震保険というのもあるね。

災害等で空室が発生したときに家賃を補填する「オーナー保険」というものもあるね。

 

しかもその保険料は経費で落とせて、控除になる。

 

さらに、その保険料は僕が払ってるわけじゃない。

その保険料を僕の代わりに払ってくれているのは、入居者のみなさんだ。

 

投資信託などの紙の資産に『保険』ってないよね。

「暴落しても大丈夫。なぜなら暴落分をおぎなってくれる保険金がおりるから!」なんてことないよね。笑