サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

不動産投資をやりたい人は、「どんな方向性でいくのか?」を再確認しておこう

アパート経営で重要なことは『方向性』だと僕は思ってます。

そのオーナーはどういう哲学なのか?ということ。

 

 

・属性重視か? 

・無視か?

・満室稼働を目指すか?

・多少空室になっても家賃を減額せず、常に高い賃料を維持したいか?

・お金をかけてでも高いグレードの部屋を目指すか?

・なるべくお金をかけず、部屋のリフォームも「そこそこ」にしておくか?

 

 

そのオーナーの方向性によって物件選びも変わるし、経営計画も大きく変わってくるよ。

 

 

たとえば属性重視なら、築浅で設備も充実した物件という事になる。

外観もオシャレで、駐車場も立派で、『保有してる満足感』は得られるかもしれない。

でもそういう物件ってだいたい利回りが悪く、キャッシュフローが少ない。

 

 

大家さんの「そもそもどういう賃貸経営をしたいの?」って大事だよね。

 

 

築古物件は確かにタナゴの属性は悪い。

その代わり、高利回りで手残りも多い!

 

それに自主管理でなければ、クレームやトラブルの処理は管理会社が行う。

オーナーは報告を受けて指示を出し、どうするかを判断するだけ。

そのために管理料を払っている。

 

さあ、どっちがお好みですか?という話になる