サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『海炭市叙景』を観て思ったこと

 

海炭市叙景

海炭市叙景

 
海炭市叙景 Blu-ray (通常版)

海炭市叙景 Blu-ray (通常版)

 

 

 

 

 


映画『海炭市叙景』予告編

 

さびれゆく港町に暮らす人々の群像劇。

みんないろんなものを抱えながら必死に生きてるんだよね。

 

明確なメッセージもない。起伏に富んだストーリーもない。登場人物たちも何も主張しない。

ただ黙って何かを抱え、その想いをグッと押し殺しながら必死に生きている。

これが現実だよね・・・

 

 

救われない。答えもない。希望もない。

否が応でも厳しい現実に押し流されていってしまう人々・・・

 

みんなそうだ。みんな不安を抱えながら必死に生きてる。

 

だんだんドン詰まりの現実を生きる登場人物たちが愛おしく思えてくるから不思議。

とても彼らを「自己責任」のひと言で切り捨てることはできないよ・・・

 

 

こういう映画があってもいいと思う。

いつもいつも「明るく」「前向きに」「ポジティブに」ってわけにもいかないよね。

 

僕はどちらかと言うと夢に向かって突っ走るぜ!系のタイプの人間。

だけど、それは『現実の厳しさ』ってやつがわかってるから、あえてそうしている気がする。

 

そうしないと、厳しい現実に足もとをすくわれて、巻き込まれるってことがわかっているから。

だから、「巻き込まれてたまるか!」ってな想いでここまでやってきた。

 

だけど、すべての人が僕みたいに自分でエンジンを回転させて、厳しい現実から抜け出せるわけじゃないと思う。

この映画の登場人鬱たちのように否が応でも現実に押し流されていってしまう人たちがたくさんいるのも理解できるよ。