サカモトハルキの哲学

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

映画『レディ・バード』を観て思ったこと

 

レディ・バード (字幕版)

レディ・バード (字幕版)

 
レディ・バード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

レディ・バード [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

 

 

 

 

 


映画『レディ・バード』予告

 

以前の僕なら、シアーシャ・ローナンゃんの視点からでしか観れなかった。

だけど今はママやパパの方に感情移入・・・

 

長男も中学生になり、だんだん反抗的になり、親の手から離れようとしている。

それが悲しくて寂しくて・・・

 

だからお母さんのあの涙、すごくよくわかる

 

"愛情""注意を払う"は同じじゃない?』というセリフが印象に残った。

確かにそうかも。

 

親がついつい子供に口うるさく干渉して注意してしまうのは、そこに愛情があるからだ。

もしも愛情がなかったら、注意なんか払わない。

 

でも子供はそんなことわからないんだよね。

 

ルックスも、成績も、才能も、家柄も、住んでる街もすべて中途半端

そこから抜け出して、華やかなところに行きたい!

鳥のように自由に飛び回りたい!

 

その気持ち、すごくよく分かる。

でも最終的に『本当に大切なこと』に気づく・・・・という展開。

すごくいい映画だったなぁ。

 

「イタさ」とか「恥ずかしさ」とか「みっともない」もひっくるめて、『思春期』っていうんだよね!!