サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

なぜお金がジャブジャブに余っているのに一向に経済が良くならないのか?

リーマン後を振り返る!金融政策の違いが株価に大きな影響を与える という記事を読んだよ。

 

 

 

zuuonline.com

 

100年前のケインズ経済学の理論を信じ、金利を安くし、カネをバラまけば、消費が伸びて設備投資も増えるだろうと勘違いしちゃった。

 

実際には日銀が買って無理やり株高に持ってっただけなのに、国民の方も「アベノミクスでうまくいってる」と思い込んじゃった。

 

 

人口が増え続け、モノが不足し、需要に比べて供給が追いついてない時代だったらケインズ経済学はうまくいった。

でももう日本は行き着くところまで行き着いてしまったんじゃないかな。

 

 

もう十分豊かになっちゃったんだ。

今は明らかに供給過多だ!

 

だからカネをばらまいても、企業は設備投資をしたり、ひと勝負に出たりせず、個人のほうも消費せず貯金しかしなくなってしまったよね。

 

失業率は低いのになぜ景気が良くならないのか? 

中間層が不安を抱いてるからだよね。

 

みんな安心してお金を使えないんだ・・・

 

これは企業も同じだよ。

安心して商売ができないんだ。

みんな消極的になって銀行からお金を借りようともしなくなっている。

設備投資も何もしない。

 

お金を使わない、借金をしないから、どんどん内部留保だけがたまっていく・・・

 

 

個人のほうに目を移してみても同じだよね。

年金とか、医療とか、介護とか、教育とか・・・・とにかく将来が不安で誰も「ひと勝負しよう!」とか「何かモノを買おう!」なんて思わなくなってきてる。

 

だから、どんどん貯金ばかりが増えてゆく・・・

80年代の『私をスキーに~』や『男女7人』などはごく普通のビジネスパーソンたちが主役だった。

 

圧倒的多数のマジョリティが安心してお金を使えるようにしてあげなくちゃいけないよね。

冷え切ったマインドをホットなものにしてあげなきゃいけない。

 

1971年のニクソン・ショックがすべてのはじまりだったよね。

あの時からどんどん紙幣を印刷してもいいことになってしまった・・・

 

日銀がETFを買いまくってるわけだけど、もうそのやり方は通用しなくなってきている。

いくらお金を擦っても、経済発展しないんだから。

 

『泥棒に追い銭』状態はいつか破綻するよね。

 

 

www.kantei.go.jp