サカモトハルキのブログ

北海道で5棟74室+月極P24台の大家やってます。2010年12月より法人化(10期目に突入!)。奥さんと中2小5男子と猫と自由にのんびり暮らしてま〜す!

僕は不動産の勉強がしたくて、不動産会社へ転職した

僕は不動産投資というものが持っているポテンシャルにすっかり魅了されてしまいました。「これこそが僕の求めていたものだ!」と素直に思えました。

 

僕が求めていた『自由な時間』も『そこそこの豊かさ』も『ストレスフリーな生活』も『健康的な暮らし』も、不動産投資で成功しさえすればすべて手に入る!と確信が持てました。

 

まさに雷で打たれたような気分でした。あとは「やる」か、「やらない」かの選択だけでした。そして僕はもちろん「やる」の方を選択しました。

 

ずっとずっと後になって、このときの僕の決断こそが僕の人生を大きく変える選択であったこと、そして普通の日本人は「やらない」の方を選択することを思い知りました。

 

僕はいわゆる、『This is 日本人』なライフ・スタイルから大きく逸脱した生き方を選択してしまっていたのです。そして言うまでもないことですが、それが僕に自由と豊かさ、そして幸福をもたらしてくれたのです!

 

まず、僕は何をしたのか? 不動産会社へ転職したのです!!

それまで11年勤め、それなりに出世し、キャリアを築いていたリースの仕事から、不動産の世界へ思い切って飛び込みました。

 

将来パン屋さんを開きたかったら、やっぱりパン屋さんで働いて修行するのがいちばんしょう。将来ラーメン屋さんを開きたかったら、やっぱりラーメン屋さんで働いて修行するのがいちばんでしょう。

同じように、将来アパートの大家さんとして成功したかったら、不動産会社で働くのがいちばんだ! 僕はそう思ったのです。だから(結構いい年齢になっていたのですが)、思い切って不動産会社へ転職しました。

 

それがいちばん手っ取り早く不動産の勉強ができるし、不動産投資で成功する近道だと思えたのです。おまけに不動産会社で働けば、不動産のことを学びながら給料ももらええます。まさに一石二鳥です。こんなにいいことはありません!

 

まったく未知の世界へ足を踏み入れることになったのですが、僕は意を決して飛び込みました。そのとき、僕は30歳くらいだったと思います。すでに結婚し、子どももいました。

 

もちろん怖かったけど、どっちかと言うと夢や希望のほうが勝っていました。僕は真剣に(そして本格的に)、「不動産のことを1から学びたい!」と思っていました。不動産関連の本や雑誌を読むだけではわからない、不動産の裏の裏までを知り尽くし、『現場感覚』のようなものを身につけたい!と心から思いました。

 

さらに、不動産の世界で人脈を増やしたい!と思いました。いい物件とめぐり合うためにはいい人脈が必要だと思ったからです。

もしかしたら、「不動産会社で勤務した経験がある」という事実は僕が銀行からお金を借りる際にも有利に働くかもしれない! そんなことも考えました。

 

結論から言えば、僕がこのとき考えたことはすべて的中しました。僕はそれほど勉強のできるタイプの人間ではありませんでしたが、このときの僕は冴えていました。自分で言うのも何ですが、このときの僕の思考はキレッキレでした!笑

 

そういった一つひとつの積み重ねがなければ不動産投資で成功することは不可能だと思えましたし、逆に言えば、そこさえクリアすれば成功する確率がグッとUPするという確信のようなものがありました。

 

だから僕は何もかもを捨てて、まったく未知の『不動産』の世界へ飛び込んだのです。うまくいくかどうかはわかりませんでしたが、「今、動かなかったら、一生後悔する」「今、動かなかったら、オレの人生はこれ以上飛躍しない」ということだけはわかっていました。

 

それは自由と幸福を手に入れるためにはどうしても必要な決断でした!

 

 

次のページ > 不動産会社で厳しい修行を積む

 

 

www.saka-haru.com